20代にしっくり来る!名作から新作まで「もう一度見たいドラマランキング」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
drama 話題 ランキング等
スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに

20代の頃といえば、人生の大切な節目の時期です。学生から社会人へと移行する過渡期にあり、将来への夢と現実のギャップに悩むことも多いでしょう。そんな時こそ、ドラマの世界に浸ることで、気持ちの整理や新たな気づきを得ることができます。本記事では、20代の人々に愛されたドラマ作品をランキング形式で紹介します。懐かしの名作から新旧のヒット作まで、幅広く取り上げていきます。自分の好みに合ったドラマを見つけて、ぜひ思い出の1本や新たな1本を見つけていってください。

人気の学園ドラマ

school

学生時代に放送されたドラマは、20代の人々にとって強い思い入れがあるはずです。青春時代の喜怒哀楽が胸に響き、同年代の視聴者に共感を呼びました。当時のアイドル俳優の活躍にも注目が集まり、学園ドラマは多くのファンを獲得しました。

『花より男子』(2005年)

小林ら代表作の『花より男子』は、現在でも根強い人気を誇る作品です。主演の井上真央演じる主人公・草摩くぅ児と、F4メンバーを演じた人気俳優たちの魅力的なキャラクター性がうけた要因です。セレブ高校を舞台にした華やかな学園ライフと、恋の三角関係ストーリーが話題を呼びました。

今見返しても、ドラマの世界観に引き込まれ、若かりし頃の俳優たちの姿に胸キュンすることでしょう。当時の思い出と重ね合わせながら、アラサーにもなって楽しめるドラマなのです。草摩くぅ児の天然ボケキャラと、F4のかっこよさのギャップにも注目です。

『ごくせん』(2005年)

同じく2005年に放送された『ごくせん』も大ヒット作です。主演の野際陽子演じる生徒指導補助員・桜木先生が、問題児揃いの3年D組の生徒たちと向き合う姿に多くの人が感動を覚えました。桜木先生の熱血指導と、生徒たちの健気な成長ぶりが見どころとなっています。

20代を過ぎた今でも、このドラマの名シーンを思い出せば胸が熱くなるはずです。桜木先生と生徒たちとの掛け合いは今見ても面白く、クセになる魅力があります。いじめ問題に真摯に取り組むストーリーラインもあり、思春期の葛藤を髣髴とさせる良作です。

『半沢直樹』(2013年)

堺雅人主演の『半沢直樹』は、2020年の続編放送でさらに人気が高まりました。東京中央銀行の半沢支店長が、上層部の腐敗に立ち向かう姿が迫力満点でした。銀行員の日常を舞台に、様々な人間ドラマが繰り広げられます。

半沢の毅然とした態度と、辣腕をふるう姿に多くの視聴者が熱中しました。銀行の世界を余すところなく描写しているため、リアリティがあり共感を呼びやすいのが特長です。周囲の人間との軋轢や葛藤にも注目が集まり、ビジネスドラマの傑作と言えるでしょう。

ラブストーリーに恋する

romance

20代は恋愛に夢中になる時期でもあります。ドラマに描かれたラブストーリーに胸を熱くさせ、同年代の視聴者には、”私もあんな恋がしてみたい”と思わせた作品も多数存在します。年月を経て見直せば、新たな発見も期待できそうです。

『恋する気持ち』(2004年)

生田斗真と新垣結衣の人気作『恋する気持ち』は、胸キュンが止まらないラブストーリーです。25歳の会社員・京野祥平と、15歳の女子高生・小町桂との年の差愛を描いた作品で、芸能人とファンという設定にも注目が集まりました。

女性視聴者からは「小町桂が可愛すぎる」「京野祥平にメロメロ」という声が上がり、男女を問わず人気を博しました。今でも「桜の並木」のシーンを思い出す人が多いことでしょう。再び見返せば、新たな気づきも見つかるかもしれません。

『ラストシンデレラ』(2003年)

「ドロドロした恋愛ドラマが大好き」という20代の方におすすめなのが『ラストシンデレラ』です。佐藤健扮する冴えないサラリーマン・東家康之と、波留役の戸田恵梨香との年の差恋愛ストーリーが話題を呼びました。

康之と波留の紆余曲折に満ちた恋の行方に胸が痛みますが、そこが見どころでもあります。演技派の佐藤健と戸田恵梨香の演技力の高さも光っています。20年を経た今、変わらぬ魅力を感じられる名作と言えるでしょう。

『時をかける少女』(2022年)

新しい作品としては、2022年放送の『時をかける少女』が20代に人気でした。山下智久と長澤まさみのW主演で注目を集め、学園タイムスリップラブストーリーは新鮮な設定でした。時を超えた恋心に胸を打たれた視聴者も多いはずです。

主演の2人のファンだけでなく、青春時代の甘酸っぱさに共感できる作品だったようです。タイムリープものには定番の「過去を変えられないもどかしさ」もありますが、それがまた見どころとなっていました。20代の視聴者なら、時を超えた恋の行方に胸キュンすることでしょう。

ミステリー&サスペンス

mystery

ミステリーやサスペンスドラマも、20代に人気の高いジャンルです。一味違った緊迫感のある物語に、ハラハラドキドキしながら没頭できるのが魅力です。推理力や洞察力も養えるでしょう。2010年代に放送された作品の中から、人気の高かった作品をピックアップしました。

『アンナチュラル』(2018年)

石原さとみ主演の『アンナチュラル』は、法医学ミステリードラマの傑作と言われています。三島省吾の手腕にも期待が高まりました。ゲストに名優が揃う点も魅力的で、俳優陣の演技に視聴者は引き込まれていきます。

法医解剖医の活躍と、超常的存在との関わりを描いた珍しいミステリーに注目が集まりました。毎回の謎解きに加え、徐々に明かされる真相への期待感が高まり、一気見してしまう人も多かったようです。20代でも楽しみながら深く考えさせられる作品でした。

『アライブ』(2020年)

北川景子主演の『アライブ』は、生き残りミステリードラマとして高い評価を得ました。難事件捜査特命課の猟奇傑物捜査班の活躍を描いた本作は、毎話驚くような展開に事件が転がり、視聴者を虜にしました。

20代の視聴者は、事件の難解さと真相への興味からドキドキしっぱなしだったようです。なぞなぞを解くような楽しさもあり、推理映画のように没入できる魅力がありました。優れた演技と緻密な脚本で、サスペンス作品の新しい地平を切り開いた名作と評されています。

『24』(2020年)

続いて挙げるのが、テロリストへの対処を描いた『24』シリーズです。1日24時間の出来事を1時間に圧縮して描く手法は斬新で、リアルタイム感あふれるサスペンスドラマとなりました。

主人公のジャック・バウアーが直面する過酷な状況に、視聴者も一喜一憂してしまいます。テロリストへの対応だけでなく、家族愛の描写にも注目が集まりました。物語が進むにつれて加速度的に起こる事件への緊迫感が味わえ、後半は暴走する展開にどっぷりはまれます。20代にも根強い人気があり、名作と言えるでしょう。

ヒューマン&ホームドラマ

drama

人生や家族の絆、人間関係などをリアルに描いたヒューマンドラマやホームドラマも、20代に支持される作品が多数あります。これらの作品を視聴することで、自身の生き方を振り返ることができ、新たな気づきを得られるからです。ストレス解消にもなりそうです。

『おしん』(1983年〜1984年)

昭和の名作『おしん』は、20代を含む多くの視聴者に愛された不朽の名作です。田舎娘のおしんの生涯を描いた本作は、ヒューマンドラマの金字塔と言えます。主人公の人生と重ね合わせながら、視聴者も喜怒哀楽を体感したことでしょう。

石坂浩二が演じた若林伍長との掛け合いや、おしんの夫となる藤川伍一との恋愛模様にも注目が集まりました。昔を懐かしむだけでなく、お値段なつかしさも感じられるよう、今の20代でも楽しめる名作と言えるでしょう。

『家政夫のミタゾノ』(2013年〜 )

ホームドラマとしては『家政夫のミタゾノ』が20代に高い人気があります。女装した家政夫のミタゾノが、家庭の問題を解決に導く姿には頭が下がります。家事の知恵も学べて一石二鳥の魅力的な作品ですね。

ミタゾノ役の松岡昌宏の存在感が圧倒的で、彼の愛らしさにファンも多いようです。しかし、家族の葛藤やコミュニケーション不足などは、20代にもあまりにリアルで胸に刺さりそうです。家事のコツを学びながら、家族のあり方も見つめなおせる作品だと言えるでしょう。

『SUPER RICH』(2021年)

20代の方に視聴して欲しい作品に、『SUPER RICH』がります。超大金持ちの家族の愛憎劇を描いた本作は、リッチなライフスタイルに憧れつつも、家族の絆を見つめなおすきっかけにもなりました。

野際陽子演じる富家の家長・大原夫人の存在感は圧倒的です。資産家の家系を描いた作品は今までにも数多くありますが、本作の斬新な設定と過激な展開に視聴者は夢中になりました。お金持ちならではの人間ドラマに共感しつつ、金持ちあるいは庶民といった、人間としての普遍的な価値観にも気づかされる作品でした。

まとめ

今回は20代の人々に愛された様々なドラマを、ジャンル別にランキング形式で紹介してきました。懐かしの名作から新作まで、多彩な作品が並びました。20代は人生の重要な節目であり、様々な思いを抱えがちな時期です。そんな時にドラマを見ることで、気持ちの整理や新たな気づきが得られるは作品にも触れました。

人生をスムーズに切り抜けるには、娯楽も大切です。忙しい日々の合間に、自分好みのドラマに浸ることで、リフレッシュできることでしょう。そしてドラマから学んだことで、自身の人生の糧にもなるかもしれません。学生・社会人を問わず、新たなドラマ作品との出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題 ランキング等

コメント