時短&らくらく!2023年最新の充電式掃除機ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
vacuum 話題 ランキング等
スポンサーリンク

近年、家事の負担を軽減するための新しい家電製品が次々と登場しています。その一つがコードレススティック掃除機です。従来の掃除機とは異なり、電源コードがないため自由に動き回れるのが最大の特徴です。今回のブログでは、コードレススティック掃除機の概要から選び方、おすすめの製品までを詳しく解説していきます。毎日の掃除が手軽で快適になるコードレススティック掃除機の魅力をお伝えできれば幸いです。

スポンサーリンク

1.コードレススティック掃除機とは

vacuum cleaner

コードレススティック掃除機は、電源コードが必要なく、バッテリーを使用しているスティック形状の掃除機です。本体とパイプが一体化しており、従来のコード付き掃除機とは形状や特徴が異なります。

1.1 コードレススティック掃除機の特徴

以下に、コードレススティック掃除機の特徴をご紹介します。

  • 軽量で取り回しやすい: コードの制約がないため、家具の脚に引っかかる心配がありません。また、コードの差し込み位置を変える必要がなく、自由な動きで掃除ができます。
  • 電源不要な場所でも利用可能: 電源コードが不要なため、電源のない場所でも掃除が可能です。例えば、車内や屋外、狭い空間など、いつでもどこでも使える便利さがあります。
  • 収納時に場所を取らない: コードやホースがないため、収納時に場所をとりません。壁掛け式のスタンドやコンパクトな形状で、見た目もスッキリとしています。
  • 持ち運びが楽: 軽量でスリムな形状のため、片手で持ち運びが可能です。階段の上り下りや車の移動など、移動しながら使用したい場合に便利です。

1.2 メリット・デメリット

コードレススティック掃除機には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

1.2.1 メリット

  • 取り回しの良さ: コードや本体が邪魔にならず、スムーズに掃除ができます。家具の周りや狭いスペースでも効率的な掃除が可能です。
  • 持ち運びが楽: 軽量でコンパクトなデザインのため、片手で楽に持ち運ぶことができます。階段の昇降や車の移動など、移動しながらの掃除に便利です。
  • 収納時もスマート: コードやホースがないため、収納時に場所を取りません。スタンドや壁掛けフックなどでスマートに収納できます。

1.2.2 デメリット

  • 手元が重くなりがち: 本体とパイプが一体化しているため、長時間使用や高い位置の掃除を行う際に手元が重く感じることがあります。
  • バッテリーに関する注意: 使用時間やバッテリーの充電状態に注意が必要です。長時間連続で使用しようとすると、バッテリー切れの可能性があります。また、バッテリーの劣化や交換が必要になることもあります。
  • 吸引力が弱い場合も: 一部の機種では吸引力が弱いと感じることがあります。目的に応じた性能の掃除機を選ぶ必要があります。

コードレススティック掃除機は、取り回しの良さや持ち運びの便利さが特徴ですが、一方で手元の重さやバッテリーの使用制限に注意が必要です。自分の掃除のニーズに合った掃除機を選ぶことが重要です。

2.コードレススティック掃除機の選び方

cleaning

コードレススティック掃除機を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

1. 軽さが重要です

掃除機を使う際には、軽さが重要です。特に片手での操作や移動時には、軽量な掃除機を選ぶことが疲労を軽減してくれます。2kg以下の軽量モデルをおすすめします。

2. 清掃力・吸引力を重視しましょう

コードレススティック掃除機の清掃力は、メーカーやモデルによって異なります。清掃力を求める場合は、モーター搭載でブラシが回転するタイプのヘッドを選ぶと良いでしょう。また、吸引力も重要なポイントですが、メーカー間の比較は難しいため注意が必要です。

3. 集じん性能を考慮しましょう

掃除機の集じん構造には紙パック式、サイクロン式、カプセル式があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自身のライフスタイルや使用環境に合った集じん方式を選びましょう。

  • 紙パック式のメリット: ゴミをまるごと捨てられ、目詰まりによる吸引力の低下が起こりにくい、本体価格が比較的安い。
  • サイクロン式のメリット: ランニングコストがかからず、目詰まりによる吸引力の低下が起こりにくい。
  • カプセル式のメリット: ランニングコストがかからず、フィルターでゴミを分離できる。

各方式のデメリットも考慮し、自身の掃除ニーズに合った集じん方式を選びましょう。

4. バッテリー持ちに注目しましょう

コードレス掃除機のバッテリー持ちも重要な要素です。バッテリーの持続時間が長い掃除機なら、広いお家でも一気に掃除ができます。掃除時間に合わせて、バッテリーの持続時間をチェックして選ぶと良いでしょう。

5. お手入れ・使い勝手も重要です

コードレス掃除機を手軽に使いたい方は、お手入れの手軽さや使い勝手も重要な要素です。ゴミ捨てがワンタッチで簡単にできるか、ダストボックスが水洗い可能か、スイッチがボタン式か、自立するかなど、細かい部分も重要です。

これらのポイントを考慮しながら、自身に合ったコードレススティック掃除機を選びましょう。価格やブランドも考慮しながら、快適な掃除を実現できるモデルを選びましょう。

3.おすすめコードレススティック掃除機ランキング

vacuums

おすすめのコードレススティック掃除機をランキング形式でご紹介します。以下の機種は、各メーカーが提供する特徴的な性能や機能を考慮して選びました。

1. ダイソン V11 Absolute

ダイソンのV11 Absoluteは、パワフルな吸引力と長時間のバッテリー持続時間が特徴です。バッテリーの残量や清掃モードを確認できる液晶ディスプレイが付いています。さらに、マルチサイクロンテクノロジーにより、さまざまな床材に適した高い集塵力を実現しています。

2. 日立 PVK-PK200

日立のPVK-PK200は、軽量ながらもパワフルな吸引力を持つコードレススティック掃除機です。駆動チップにより、床材に合わせて吸引力が自動調整されます。また、微細な汚れも効果的に取り除くために紫外線LEDライトが搭載されています。

3. 東芝 R3 CLEATE

東芝のR3 CLEATEは、強力な吸引力と長時間のバッテリー持続時間を兼ね備えたコードレススティック掃除機です。モーターブラシが自動的に床材に切り替えるので、掃除作業が簡単になります。さらに、ノズルにはLEDライトが装備されているため、暗い場所でも掃除がしやすくなっています。

4. シャープ RACTIVE Air

シャープのRACTIVE Airは、高い吸引力とパワフルなモーターを備えており、効率的な掃除が可能です。コンパクトなデザインで、階段や狭い場所でもストレスなく掃除することができます。旋回ヘッドは細かいゴミもしっかりと吸い込んでくれます。バッテリー持続時間も長く、広いお部屋でも十分に使用することができます。

5. パナソニック MULTEO MC-BJ980

パナソニックのMULTEO MC-BJ980は、高い吸引力と長時間のバッテリー持続時間を兼ね備えたコードレススティック掃除機です。大容量の集塵容器を備えており、たくさんのゴミを一度に吸い取ることができます。薄型デザインで、床下や家具の下などにもスムーズにアプローチできます。

以上がおすすめのコードレススティック掃除機のランキングです。それぞれの機種には特徴や利点がありますので、ご自身の家庭環境や掃除のニーズに合わせて選んでみてください。コードレススティック掃除機の利用により、快適な掃除体験を実現できます。

4.コードレススティック掃除機の魅力

vacuum

コードレススティック掃除機にはいくつかの魅力的な特徴があります。以下では、その魅力を紹介します。

自由な動き

コードレススティック掃除機は、スティック型でコードがないため、自由な動きが可能です。コードがないため、コードが絡まったり邪魔になることなく、気軽に掃除ができます。特に階段や狭いスペースなど、通常の掃除機では使いにくい場所でも、スムーズに掃除することができます。

軽量で取り回しやすい

コードレススティック掃除機は、軽量な設計が特徴です。片手で持ち上げたり、前後に動かしたりする際にも負担が少なく、疲れにくいです。重たい掃除機を使うことで疲れてしまうことがありますが、コードレススティック掃除機は軽量なため、長時間の掃除作業でも快適に行えます。

静かな稼働音

一般的な掃除機は稼働音が大きいため、掃除をすると騒音が発生します。しかし、コードレススティック掃除機はモーターが静かなため、稼働音が低いです。家族や近所に迷惑をかけずに掃除ができるので、特に夜間や早朝に掃除をする際に便利です。

コンパクトなデザイン

コードレススティック掃除機は一般的な掃除機よりもコンパクトなデザインが特徴です。本体がスリムで収納場所を取らず、スタンドに立てかけることもできます。また、ヘッドもコンパクトで、狭いスペースや家具の下などにも入りやすくなっています。

多機能な付属品

コードレススティック掃除機には、さまざまな付属品が付いています。畳やカーペットの掃除に適したブラシや、隅や狭い箇所の掃除に便利なコーナーブラシ、布団やソファなどのお掃除に適したノズルなどがあります。これらの付属品を使うことで、さまざまな場所やシーンに対応した掃除が可能です。

以上が、コードレススティック掃除機の魅力です。軽量で取り回しやすい、静かな稼働音、コンパクトなデザイン、多機能な付属品など、使いやすさを追求した魅力的な掃除機です。掃除の効率をアップさせつつ、掃除の負担を軽減することができます。

5.注目のメーカーと特徴

home appliances

コードレス掃除機市場では、多くのメーカーが注目を浴びています。それぞれのメーカーは、独自の機能や技術を持っており、使いやすさや吸引力などの性能において個性があります。以下では、主要なメーカーとその特徴を紹介します。

ダイソン(Dyson)

  • 吸引力や排気のクリーンさで高評価。
  • パワーだけでなく、使い勝手の良さも魅力。
  • 一目でわかるデザインも特徴的。
  • 特に、軽量でコンパクトな「Dyson Micro」が人気。

日立(HITACHI)

  • 品質の信頼性と便利な機能が魅力。
  • 軽量でパワフルな掃除機のバランスが良い。
  • LEDライトや絡まりにくいブラシなど、機能面も充実。
  • 特に、軽量な紙パック式の「かるパックスティック」が人気。

パナソニック(Panasonic)

  • パワーコードレスシリーズは、軽量で細かい場所の掃除がしやすい。
  • 狭い家でも効率的に清掃できる機能が搭載されている。
  • 壁際の掃除に強いヘッドやゴミを検知するクリーンセンサーなどがある。
  • 自動でゴミを収集するクリーンドック付きの「セパレート型コードレス掃除機 MC-NS10K」も人気。

シャープ(SHARP)

  • RACTIVE Airシリーズは、軽さと使いやすさが特徴。
  • ダストボックスのフィルターにゴミが絡みにくい機能や、絡まりにくいブラシなど、お手入れがしやすい工夫もある。
  • 多機能を備えたEVOPOWER SYSTEM iQ+が人気。

マキタ(MAKITA)

  • 高性能なバッテリーが特徴。
  • パワフルな吸引力で、シンプルで軽量、高コストパフォーマンスな掃除機として人気。

Shark(シャーク)

  • EVOPOWER SYSTEMシリーズは、多機能なコードレス掃除機。
  • 「曲がるパイプ」機能や自動ゴミ収集ドック、吸引力とブラシの回転スピードを自動調整する機能など、ユニークで特徴的な機能が満載。
  • 特に、多機能を備えたEVOPOWER SYSTEM iQ+が人気。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • コストパフォーマンスに優れた掃除機ブランド。
  • 多様なラインナップと、ファストクリーンができる静電モップが特徴。

以上が、注目のメーカーとその特徴です。コードレス掃除機を選ぶ際には、自分のニーズや使い方に合わせて、各メーカーの特徴を比較しましょう。使用感や性能にも個性がありますので、自分に最適な掃除機を選ぶことが重要です。

まとめ

コードレススティック掃除機は、電源コードの制約がないため、自由な動きと軽量な操作性が魅力です。また、静かな稼働音やコンパクトなデザインも大きなメリットです。各メーカーが独自の技術と機能を盛り込んでおり、用途やニーズに合わせて製品を選ぶことができます。コードレス掃除機を上手に活用すれば、快適な掃除体験と清潔な空間を手に入れられるでしょう。自分に合った製品を見つけて、便利な掃除生活を送りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題 ランキング等

コメント