初心者でも簡単!バーベキューを120%楽しむための必需グッズ徹底ガイド

スポンサーリンク
スポンサーリンク
barbecue 話題 ランキング等
スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに

バーベキューは、屋外で行う料理とレジャーを兼ね備えた、人気の高い趣味です。新鮮な空気を切り取りながら、香ばしい炭火の香りと美味しい料理を満喫できるバーベキューは、リフレッシュにぴったりの活動です。しかし、初心者にとってはバーベキューに必要なグッズの準備が大変に思えるかもしれません。本ブログでは、バーベキューを快適に楽しむために必要な必需品から便利グッズまで、さまざまな視点からご紹介します。

バーベキューに必要な基本グッズ

barbecue

まずは、バーベキューを行うための基本的なグッズについて解説します。必需品を適切に揃えることが、快適なバーベキューを楽しむための第一歩となります。

コンロ・グリル

バーベキューの中心的な役割を果たすのがコンロやグリルです。一般的には、コンロに網や鉄板を置いて調理を行います。炭火で調理する場合は、炭専用のコンロが適しています。一方、ガスを使用するタイプのグリルも人気で、着火が簡単で火力調整がしやすいというメリットがあります。

初心者の方におすすめなのは、使いやすさが魅力のガスグリルです。炭コンロに比べて扱いが簡単で、準備から後片付けまで手間がかかりません。しかし、炭の風味を求める方は炭専用のコンロを選ぶのがよいでしょう。

炭と着火剤

炭火で調理する場合は、炭と着火剤が必需品となります。炭の種類は、一般的な白炭や黒炭のほか、特殊な木炭なども存在します。初心者には消費期限が長い白炭がおすすめですが、本格的な炭の風味を味わいたい場合は黒炭を選びましょう。

着火剤は、種火を簡単に起こすために用います。固形の着火剤や液体の着火剤など、さまざまな種類があります。初心者には安全性の高い固形タイプがおすすめです。

調理器具

バーベキューを円滑に進めるためには、適切な調理器具が不可欠です。主な調理器具には以下のようなものがあります。

  • トング: 肉を裏返したり、盛りつけに便利
  • バーベキュー用はさみ: 焦げ付いた肉の処理に役立つ
  • 包丁・まな板: 食材の下ごしらえに必要
  • 調理用へら: 焼き物の取り分けに適している

調理器具は材質や機能性を重視して選びましょう。例えば、包丁は切れ味が鋭いものを、トングは滑り止め加工のあるものがおすすめです。

快適にバーベキューを楽しむための便利グッズ

barbecue

基本的なグッズを揃えた上で、快適性を高めるための便利グッズも用意しましょう。これらのグッズがあると、より一層バーベキューを楽しめるはずです。

クーラーボックスと保冷剤

バーベキューでは、調理する前から食材の鮮度を保つことが重要です。そのため、クーラーボックスと保冷剤は必需品と言えるでしょう。クーラーボックスには、お弁当箱サイズのコンパクトなものから大型のものまで様々なタイプがあります。

保冷剤には、ジェルタイプやかたまりタイプなど、種類が豊富にあります。食材の種類や量に合わせて、適切な容量と個数を選びましょう。長時間の保冷を心配する場合は、より保冷力の高いタイプを選ぶのがおすすめです。

レジャーシートとテーブル・チェア

屋外でバーベキューを行う際は、お座り場所やテーブルが必要不可欠です。レジャーシートを敷けば、清潔な場所でくつろげます。また、折りたたみ式のテーブルやチェアがあれば、食事が快適にできるでしょう。

機能性に加えて、デザイン性にも注目しましょう。バーベキューは非日常的な体験なので、おしゃれなグッズを使えばより一層雰囲気が盛り上がります。

片付け用の消耗品

バーベキー後の後片付けを円滑に行うために、消耗品も忘れずに用意しましょう。主なものとしては、以下のようなものがあります。

  • ゴミ袋
  • キッチンペーパー
  • ウェットティッシュ
  • スポンジやたわし
  • 洗剤

これらの消耗品を適量用意することで、バーベキー場の美化につながります。後片付けがスムーズに行えるよう、あらかじめ持参するのがおすすめです。

アウトドア派向けおすすめグッズ

outdoor

アウトドアでのバーベキューをより一層楽しくするためのグッズを紹介します。自然の中でバーベキューを行う際に役立つアイテムばかりです。

焚火台

本格的なアウトドアキャンプの際に重宝するのが焚火台です。焚火台を設置すれば、簡易的な炊事場が作れます。焚火台には、グリル機能が付いているタイプもあり、バーベキューに最適です。

焚火台はサイズや機能が様々なので、使用人数や目的に合わせて選びましょう。携帯性を重視するか、機能性を重視するかでもグッズの選び方が変わってきます。初心者なら、コンパクトで扱いやすいモデルから始めるといいでしょう。

タープ・シェードテント

野外でバーベキューを行う際は、日よけ対策が重要です。その役割を果たすのが、タープやシェードテントです。熱射病の予防にもなり、楽しくバーベキューに集中できます。

タープの種類も豊富です。軽量で携帯性に優れたモデルから、大型で設営性に優れたモデルまで様々です。サイズ感やデザイン性も考慮して、最適なグッズを選びましょう。

ヘッドライトやランタン

日が落ちてからでも気兼ねなくバーベキューを楽しみたい場合は、照明器具の準備が重要になります。ヘッドライトやランタンは夜間のバーベキューに適しています。

ヘッドライトは両手が自由に使えるというメリットがあり、調理の際に役立ちます。一方、ランタンは雰囲気作りにも一役買うでしょう。LED技術の進化により、長時間の点灯が可能になってきました。バッテリー駆動のものから、太陽光充電タイプまで、様々な製品があるのでチェックしてみてください。

パーティー派向けおすすめグッズ

party

バーベキューはパーティーシーンでも大人気!グループで行う場合は、皆が快適に過ごせるよう、食材や飲み物の準備とともに、便利なグッズも取り揃えましょう。

テーブルウェア

パーティースタイルのバーベキューでは、おしゃれなテーブルウェアを用意するのがおすすめです。使い捨て食器でも、デザイン性のあるものを選ぶことで、雰囲気作りができます。

食器のほかにも、テーブルクロスやナプキン、ナイフ・フォークなど、上品でスタイリッシュなアイテムを揃えましょう。コーディネートを楽しめば、非日常的なバーベキュー体験が実現できるはずです。

アウトドア家具

パーティースタイルのバーベキューでは、座り心地の良い家具を準備することをおすすめします。簡易的な折りたたみチェアでは物足りない場合、ソファやデイベッド、ハンモックなどの家具を用意しましょう。

屋外専用の家具なら、防水加工や耐熱加工がされているので気兼ねなく使えます。存在感のあるインテリアアイテムを選べば、バーベキュー会場の雰囲気が一気にグレードアップするはずです。

カクテルグッズ

パーティー気分を盛り上げるのに、カクテルグッズはぴったりです。おしゃれなカクテルジャーやグラス、シェーカーなどを用意して、本格的な雰囲気を味わいましょう。

初心者も手軽に始められるグッズもたくさんあります。例えば、専用シロップやミックスを使えば、手間なくカクテルが作れます。また、フローズンスラッシャーを使えば、かき氷のようなスムージーカクテルも簡単に作れます。料理に飽きたらカクテルタイムを楽しめば、バーベキューの魅力が倍増するはずです。

まとめ

バーベキューを心から楽しむためには、用途やスタイルに合わせて適切なグッズを用意することが大切です。本記事で紹介した内容を参考に、自分に合ったグッズを選んでみてください。初心者の方は、基本的なグッズから始めて、徐々に便利グッズを追加していけば良いでしょう。アウトドアスタイルやパーティースタイルのグッズも、趣向を変えて楽しんでみるのがおすすめです。必要なグッズが揃えば、きっとバーベキューがさらに楽しくなることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題 ランキング等

コメント