アニソンで盛り上がれ!最新の盛り上がるアニソンランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
music アニメ ランキング等
スポンサーリンク

アニソンは、アニメとともに多くのファンから愛されてきました。懐かしの名曲から最新のヒット曲まで、アニソンにはカラオケで盛り上がれる魅力がたくさん詰まっています。今回は、そんなアニソンの魅力や歴史、おすすめの曲などを紹介するブログです。

スポンサーリンク

1. アニソン盛り上がりランキングTOP20

anime

アニソンは、カラオケなどのイベントで盛り上がる曲としても人気があります。今回は、2023年にリリースされたアニソンの中から、盛り上がり度の高いTOP20をご紹介します。

  1. 残酷な天使のテーゼ 『新世紀エヴァンゲリオン』
  2. アイドル 『【推しの子】』
  3. 青のすみか 『呪術廻戦』
  4. シュガーソングとビターステップ 『血界戦線』
  5. ミックスナッツ 『SPY×FAMILY』
  6. おジャ魔女カーニバル!! 『おジャ魔女どれみ』
  7. 廻廻奇譚 『呪術廻戦』
  8. 紅蓮華 『鬼滅の刃』
  9. Can Do 『黒子のバスケ』
  10. DANZEN! ふたりはプリキュア 『ふたりはプリキュア』
  11. only my railgun 『とある科学の超電磁砲』
  12. アイデン貞貞メルトダウン/えなこ feat.P丸様。 『お兄ちゃんはおしまい!』
  13. 今天开始做明星/汤幻月 『Re:STARS』
  14. 幽世/luz 『ダークギャザリング』
  15. 奇縁ロマンス/ナナヲアカリ 『江戸前エルフ』
  16. アルカンシェル/花たん 『転生王女と天才令嬢の魔法革命』
  17. ラウドヘイラー/内田真礼 『冰剣の魔術師が世界を統べる』
  18. Dystopia/Sizuk 『冰剣の魔術師が世界を統べる』
  19. Crack-Crack-Crackle/CLASS:y 『アンデッドガール・マーダーファルス』
  20. 飛天/Ayase×R-指定 『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』

これらの曲は、アニメやアニメ映画の主題歌や挿入歌として大人気となりました。特に『新世紀エヴァンゲリオン』の「残酷な天使のテーゼ」は、平成を代表するアニソンとして不動の人気を誇っています。

他にも、「【推しの子】」や「呪術廻戦」など、最新のアニメ作品からも多くの楽曲がランクインしています。アニソンは、その魅力やエネルギーによって人々を盛り上げることができる音楽です。是非、これらの曲をカラオケやイベントで歌って、盛り上がりを楽しんでください!

2. アニソンの歴史と変遷

anime

かつてのアニソンの特徴

かつてのアニソンは、主に子供向けのアニメ作品に合わせて制作されていました。1963年の初のシリーズアニメ『鉄腕アトム』を含む当時のアニソンは、簡単で覚えやすいテーマソングが主流でした。アニメのタイトルやストーリーに即して歌われることが一般的であり、子供たちに大きな人気を博していました。

アニソンの変化と新たな展開

1972年に放送された『マジンガーZ』の主題歌は、アニソンの変化のきっかけとなりました。この曲はアニメのタイトルを連呼するという特徴を持ち、アニソンとしての独自性が確立されたばかりでなく、アニソン歌手の誕生にもつながりました。この時期から、中高生や大人も楽しめるアニメが増え、アニソンは歌謡曲との境界線を越えるようになりました。例えば、「キャッツ・アイ」はオリコンで初の1位を獲得し、アニソン史において重要な出来事となりました。

平成以降のアニソンの多様性

平成に入ると、アニソンはさらに多様化しました。2000年代には声優がアニメキャラクターを演じながら歌う「キャラソン」が登場し、声優ブームを巻き起こしました。そして最近では、J-POPのトップアーティストや新進気鋭のアーティストがアニメの主題歌を歌うことが一般化しました。例えば、『鬼滅の刃』の主題歌「紅蓮華」はオリコンで多くの1位獲得記録を樹立し、社会現象を巻き起こしました。また、新進のアーティストもアニソンの主題歌を歌い、一流アーティストへの登竜門となることもあります。

アニソンは時代とともに変化し、多様性を取り入れながら進化してきました。現在のアニソンは、幅広い年齢層の人々に愛される存在となり、その魅力はますます広がっています。アニメ好きの人々にとって、アニソンは特別な存在であり、カラオケなどで盛り上がる楽曲としても人気です。アニメの世界に夢中になることで、アニソンの魅力をより深く感じる機会になるでしょう。

3. おすすめの盛り上がるアニソン

anime

アニソンはカラオケで盛り上がる曲として定番となっています。ここでは、おすすめの盛り上がるアニソンをご紹介します。

アニソンの魅力

アニソンはその特徴的なメロディや歌詞、そしてアニメとの強い結び付きから、多くの人々に愛されています。アニソンはいつ聴いてもワクワクする、元気が出るといった特別な魅力を持っています。

おすすめのアニソン

以下は、おすすめの盛り上がるアニソンです。

  • 残酷な天使のテーゼ 『新世紀エヴァンゲリオン』
  • アイドル 『【推しの子】』
  • 青のすみか 『呪術廻戦』
  • シュガーソングとビターステップ 『血界戦線』
  • ミックスナッツ 『SPY×FAMILY』
  • おジャ魔女カーニバル!! 『おジャ魔女どれみ』
  • 廻廻奇譚 『呪術廻戦』
  • 紅蓮華 『鬼滅の刃』
  • Can Do 『黒子のバスケ』

これらの楽曲は、カラオケでも人気があり、歌えば盛り上がること間違いなしです。

アニソンで盛り上がろう!

アニソンはその特有の魅力から、多くの人々に歌われています。アニソンを歌いながら、みんなで一緒に盛り上がりましょう!アニソンの楽曲をカラオケで歌うことで、さらなる楽しさが広がります。

アニソンは時代を超えて愛され続ける曲ばかりです。懐かしい楽曲から最新のヒット曲まで、さまざまなアニソンがありますので、ぜひ自分のお気に入りの曲を見つけて歌ってみてください!

4. 平成を代表するアニソン名曲

music

平成時代にリリースされたアニメソングの中でも特に注目される名曲をご紹介します。これらの曲は、その時代を象徴し、多くの人々に愛された楽曲です。

a) 「世界が終るまでは…」 by WANDS

この曲は、1994年にリリースされたアニメソングです。アニメ『SLAM DUNK』の第2期のエンディングテーマとして使用され、同作品に登場する野球選手たちの成長や友情を歌った曲です。その力強いメロディと歌詞は多くの人々の心を魅了し、今でも多くの人に愛され続けています。

b) 「secret base ~君がくれたもの~ (10 years after Ver.)」 by 本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥)、鶴見知利子(早見沙織)

この曲は、元々ZONEが2001年にリリースし大ヒットとなった楽曲ですが、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のエンディングテーマとしてカバーされました。アニメのストーリーとリンクしたこの曲は、切なさややるせなさを感じさせる歌詞とメロディによって、多くの人々の心を揺さぶりました。カラオケでも人気があり、懐かしい気持ちに浸りながら歌うことができます。

c) 「メリッサ」 by ポルノグラフィティ

この曲は、アニメ『鋼の錬金術師』のオープニングテーマとして使用された曲です。ポルノグラフィティの独特なロックサウンドと力強い歌声が印象的で、アニソンの中でも特に人気があります。その魅力的なメロディと歌詞は多くの人々を魅了し、今でも根強いファンが多くいます。

d) 「KICK BACK」 by 米津玄師

この曲は、2022年にリリースされた米津玄師の楽曲で、アニメ『チェンソーマン』のオープニングテーマとして使用されました。華やかなメロディと米津玄師独特の世界観が融合したこの曲は、一躍注目を集めました。カラオケでも人気があり、その中毒性の高いサウンドと歌詞に魅了されること間違いありません。

これらの曲は、平成時代のアニメソングの中でも特に人気があり、多くの人々に愛され続けています。カラオケやアニメのイベントなどで歌われることも多く、その盛り上がりは他の曲にはない特別なものです。ぜひ、これらの曲を歌って平成のアニメソングに触れてみてください。

5. 注目の最新アニソン

anime

最新のアニソンシーンでは、様々な曲が注目を集めています。これらの曲はアニメやキャラクターに関連した楽曲であり、特定の作品やキャラクターの人気をさらに高める役割を果たしています。以下に、最新の注目アニソンをいくつかご紹介します。

5.1 『アイドル』 – 推しの子

「【推しの子】」のオープニングテーマである「アイドル」は、2023年でも多くのDJたちが選ぶトップのアニソンとしてランクインしました。この曲は、アニクラで人気を博し、アニメファンの間で大きな話題となりました。キャッチーなメロディと力強い歌声が特徴であり、オープニングとしての疾走感もあります。

5.2 『冰剣の魔術師が世界を統べる』の主題歌

「冰剣の魔術師が世界を統べる」の主題歌やエンディングテーマも人気を集めています。特に、「ラウドヘイラー」や「Dystopia」は、そのアニメの雰囲気をさらに引き立てる力強い楽曲として評価されています。これらの曲は、アニソンDJたちがトップランクに選んだ曲でもあります。

5.3 他の注目作品

他にも、注目のアニメ作品から生まれたアニソンが存在します。例えば、「血界戦線」の主題歌である「シュガーソングとビターステップ」や、「黒子のバスケ」のオープニングテーマである「Can Do」などが人気を集めています。

これらの最新のアニソンは、アニメ作品と共にその人気も高まっています。アニメファンだけでなく、音楽ファンにとっても楽しめる魅力的な楽曲ばかりです。アニソンは、カラオケやイベントなどでも盛り上がる定番の曲となっており、今後も新たな名曲が誕生することでしょう。

最新のアニソンを聴くことで、アニメ作品の世界観やキャラクターたちの魅力をより深く味わうことができます。ぜひ、自分のお気に入りのアニソンを見つけて楽しんでみてください。

まとめ

アニソンは時代とともに変化し続け、今日では幅広い層に愛されるジャンルとなりました。平成を代表する名曲から最新のヒット曲まで、アニソンが生み出す特別な魅力は尽きることがありません。アニメの世界に魅了された人々が、熱狂的に盛り上がるカラオケやイベントでアニソンを歌うことで、その醍醐味をより深く感じることができるでしょう。これからも新たなアニソンが生み出され、アニメ文化を支え続けていくことでしょう。アニソンの魅力に惹きつけられ、様々な作品を楽しむことをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ ランキング等音楽 ランキング等

コメント