見つけた!最強の日焼け止め – あなたの美肌を守る6つの決め手

スポンサーリンク
スポンサーリンク
beauty 話題 ランキング等
スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに

日焼けは肌老化の大きな原因となり、シミやシワ、たるみなどの肌トラブルを引き起こします。そのため、日焼けを防ぐための日焼け止めは、肌ケアの必須アイテムです。しかし、市場には多種多様な日焼け止めが溢れており、自分に合ったものを見つけるのが難しいと感じる人も多いはずです。そこで本記事では、日焼け止めの選び方や最強アイテムをご紹介します。SPF値やパラメーターの見方、肌タイプやシーンに合わせた適切なテクスチャーの選び方など、日焼け止め選びの基本的なポイントから解説していきます。

最強の日焼け止めの条件

sunscreen

日焼け止めには色々なタイプがありますが、一体どういった製品が最強と言えるのでしょうか。ここでは、最強の日焼け止めの条件について徹底解説します。

高いSPF値とPA値

日焼け止めの最も重要な指標がSPF値とPA値です。SPF値が高いほど、UVB波による日焼けから肌を守ることができます。一方、PA値が高いほど、UVA波による肌への影響を防げます。最強の日焼け止めは、SPF50+・PA++++といった国内最高値の指標を備えているべきでしょう。

ただし、生活シーンに合わせて適切な値を選ぶ必要があります。日常生活ではSPF30程度でも十分かもしれませんが、プールや海などの長時間の屋外レジャーの際は、SPF50+・PA++++の高い紫外線防御力が不可欠です。

ウォータープルーフ性能

最強の日焼け止めには、水や汗、こすれに強いウォータープルーフ性能が求められます。スポーツや海水浴、プール遊びなどのアクティブなシーンでも、紫外線防御力が劣化しないことが大切です。ウォータープルーフでなければ、汗や水で簡単に落ちてしまい、紫外線から肌を守れなくなってしまいます。

ウォータープルーフ性能の高い日焼け止めとしては、アネッサやアリィー、サンカットなどのブランドがおすすめです。これらはスーパーウォータープルーフ処方で、激しい運動や水没にも強い製品となっています。

使用感の良さ

最強の日焼け止めは、紫外線防御力が高いだけでなく、使用感も良くなくてはなりません。ベタつきがなく、なめらかにのび広がり、肌に密着するタイプが理想的です。サラサラとした軽い付け心地で、化粧のりも良いものがおすすめです。

使用感の良さで高評価なのは、ビオレのウォータリーエッセンスやスキンアクアの美容液タイプなどです。みずみずしいジェル状の質感で、さらっとした使い心地が人気の秘密です。

顔用と体用の最強日焼け止め

skincare

日焼け止めは、使用する部位によって適したものを選ぶ必要があります。顔用と体用で機能性や配合、テクスチャーが異なるので、用途に合わせて使い分けましょう。

顔用日焼け止め

顔は体の中でも最もデリケートな部位なので、乾燥しにくい保湿力と低刺激性が求められます。そのため、顔用の日焼け止めは美容成分を配合し、化粧下地やトーンアップ効果を兼ね備えているものが主流です。

おすすめの製品は、ランコムのUVエクスペールローズや、ラロッシュポゼのUVイデアXLプロテクショントーンアップなどです。高い紫外線防御力に加え、血色補正や美白ケア効果もあり、仕上がりが自然でキレイな肌に。

体用日焼け止め

体は広範囲に塗布するため、量が多く使う分コスパの良さが重視されます。ウォータープルーフが基本的な要件で、運動時の塗り直しのしやすさも大切です。スプレータイプが人気で、固形スティックも便利と評判です。

アネッサのパーフェクトUVスキンケアミルクは、体用日焼け止めの人気ナンバーワンです。SPF50+・PA++++で安心の高UV防御力、さらにウォータープルーフも高機能です。

アウトドア向けの最強日焼け止め

outdoors

ハイキングやキャンプ、マリンスポーツなど、アウトドアのレジャーシーンでは、より強力な紫外線対策が欠かせません。そこで活躍するのがアウトドア専用の高機能な日焼け止め製品です。

高SPF値&高PA値

アウトドアでは標高が高かったり、水面から反射する日差しが強かったりと、紫外線が非常に強くなります。従って、SPF50+・PA++++の高い値を持つ日焼け止めを選ぶべきです。特に山や海では高指標の製品が不可欠でしょう。

おすすめの高SPF&高PA製品は、アネッサのパーフェクトUVスキンケアミルク、スキンアクアスーパーモイスチャーエッセンスゴールド、花王ビオレアクアリッチ瞬間ミストUVなどです。

ウォータープルーフ性

アウトドアではスポーツや海水浴など、激しい運動や水を使う場面が多くなります。そのため、汗や水に強いウォータープルーフ性能が必須となります。BRISAALMA RINAアスリートプロEXUVクリームなどは、水やこすれに強いのが特徴です。

ただし、ウォータープルーフ製品は重めの質感が多いので、適量を塗布することが大切です。少量ずつこまめに塗り直すことで、べたつきを防ぎつつ長時間の紫外線防御が可能になります。

携帯性の良さ

アウトドアでは日焼け止めをこまめに塗り直す必要があるため、携帯性の良さが求められます。軽量で持ち運びやすいスプレータイプやパウダー、固形スティックがおすすめです。移動中でも手軽にチャージできる点が魅力です。

ベタつきがなく、ファンデーションの上からも使えるパウダータイプの日焼け止めは、手軽にタッチアップできるので便利です。一方、スプレータイプは広範囲に素早く塗布でき、リムーバブルな製品もあります。

機能性に優れた最強日焼け止め

skincare

最近の日焼け止めは、UVカット機能だけでなく、美白やエイジングケア、化粧下地などの機能性も備えています。美肌づくりをサポートする高機能な日焼け止めが人気を集めています。

トーンアップ効果

日焼け止めに色づきを持たせ、塗るだけで明るく透明感のある肌に仕上げるトーンアップ効果が人気です。朝のスキンケアに日焼け止めと化粧下地を兼ね備えた製品を使えば、時短でキレイな肌に。

サンカットのトーンアップUVエッセンスローズピンクなどは、自然な血色感を演出してくれます。一方、クレ・ド・ポーボーテのUVプロテクターでは、艶やかな質感を実現します。

美白ケア効果

日焼けは肌の色素沈着を招き、シミを生む原因になります。そこで注目されるのが、美白有効成分を配合した日焼け止め製品です。紫外線ダメージを防ぎつつ、シミやくすみのケアもできる優れものです。

ラロッシュポゼのUVイデアXLプロテクショントーンアップは、ビタミンCで透明感のある肌に導きます。ニベアは、独自のイオン化ビタミンC誘導体を配合しています。

エイジングケア効果

日焼けは紫外線による活性酸素の発生を招き、シワやたるみなどの肌老化の原因となります。そこで重要なのが、抗酸化成分を配合した高機能な日焼け止めです。日焼けを防ぐだけでなく、年齢肌ケアにも優れた効果があります。

アンリーベルラボのVトーンアップUVミルクRは、ビタミンC誘導体とリピジュア成分が肌老化防止に有効です。カバーマークのUVプロテクションCMNは、専用植物抽出エキスが環境ストレスからブロックします。

まとめ

本記事では、日焼け止め選びのポイントとして、SPF値とPA値の高さ、ウォータープルーフ性能、使用感の良さなどをご紹介しました。また、顔用と体用、アウトドア向けの最強製品を一挙にご紹介。さらに最近人気の機能性日焼け止めにも焦点を当て、トーンアップや美白、エイジングケアなどのこだわり機能をお伝えしました。

日焼けは肌老化の大敵ですが、適切な日焼け止めを上手に使えば、しっかりと防ぐことができます。ライフスタイルやお好みに合わせて、ぜひこの記事を参考に、最強の日焼け止めを見つけてください。美しい健やかな肌を維持できることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題 ランキング等

コメント