暑い夏を乗り切る!おいしい食べ物ランキングTOP20

スポンサーリンク
スポンサーリンク
food 食べ物 ランキング等
スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに

夏の暑い日々には、さっぱりとした食べ物が恋しくなりますね。今回は、夏に人気の高い食べ物をランキング形式でご紹介します。定番の料理から新しい発見まで、夏を彩る美味しい一品が盛りだくさんです。さあ、一緒に夏の味覚の世界を探求していきましょう。

人気の夏の定番料理

summer

まずは、夏になると思い出す懐かしい定番料理からご紹介します。これらの料理は、日本人の心に深く根付いた夏の風物詩です。

かき氷

夏の味覚といえば、かき氷が真っ先に思い浮かびますね。シロップをかけた真っ白な氷の山は、見た目も涼しげで食欲をそそります。メロンやライチ、レモン、コーヒーなど、様々な味が楽しめるのも魅力です。家族や友人と一緒に食べる味わい深いひとときは、夏の思い出に残るでしょう。

かき氷は、身近な町のお店から高級店まで、さまざまな種類があります。昔ながらの製氷機で作られた本格的なかき氷は、口どけの良さと風味の豊かさが際立っています。一方、パフェのようにたっぷりのフルーツやアイスクリームを使った贅沢なかき氷も人気があります。暑い夏には、ぜひお気に入りのかき氷を見つけてみてくださいね。

そうめん

暑さで食欲がないときでも、そうめんなら美味しく食べられます。麺が細くてさっぱりしているので、夏バテ気味の日でも気軽に食べられるのが魅力です。出汁やつゆの味付けも重要で、かつおや昆布の旨味が凝縮された絶品のつゆが何より美味しいですね。

そうめんには、地域によっていろいろな食べ方があります。かけそうめんのように熱いつゆをかける方法や、冷たいつゆに浸す冷そうめんなど、様々な楽しみ方があります。また、そうめんに合う天ぷらや貝柱、とりそぼろなどのトッピングの種類も豊富で、個性的な組み合わせを見つけるのも楽しみの一つです。夏の定番メニューとして、ぜひそうめんで温まった思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

うなぎ

夏到来の合図ともいえる食材が、うなぎです。うなぎには滋養強壮やスタミナ補給の効果があり、夏バテ対策としても重宝されてきました。関東と関西で少し味付けが異なる蒲焼は、甘辛い香ばしい香りと、ふっくらとした身の食感が絶品です。

うなぎ料理には、ヒットメニューとして定番化しているものもたくさんあります。うな重、うな丼、うなぎの蒲焼き巻きなど、色々な食べ方が楽しめます。また、地域によっては夏祭りの屋台で売られるうなぎ料理もあり、風物詩としても人気があります。高級食材ではありますが、夏の味覚として愛され続けているのは間違いありません。

さっぱりおいしい麺料理

food

暑い夏には、さっぱりとした麺料理が人気を集めます。一緒にラインナップをチェックしましょう。

冷やし中華

夏の定番メニューと言えば、冷やし中華が欠かせません。暑さで食欲がなくても、この冷たい中華麺なら箸が進みますね。スープの代わりに、酢や醤油、ごま油などで味付けされたつゆに麺を浸すのが一般的です。具材のチャーシューやキュウリ、かいわれ大根などがアクセントになり、食欲をそそります。

冷やし中華のアレンジメニューも人気があります。梅肉や生姜を効かせたさっぱりとした味付けや、トマトを使ったフルーティーな味わいなど、様々な工夫が凝らされています。暑さでバテている時こそ、体に優しい冷やし中華で元気を取り戻しましょう。

冷やし坦々麺

冷やし中華に飽きたら、冷やし坦々麺はいかがでしょうか。香り高い香菜やゴマ、旨味たっぷりの坦々つゆが夏にぴったりの一品です。強い辛さはなく、麺に絡む滑らかなつゆの味わいがクセになります。

この冷やし坦々麺には、様々なアレンジができるのも魅力です。豚肉やもやしなどの定番の具材に加えて、チリトマトやナンプラーを組み合わせるのもおすすめです。思い思いの具材を乗せて、自分好みの味を楽しむことができるのが人気の秘密なのかもしれません。

夏のヘルシー料理

food

夏の暑さで食欲が落ちる人も多いでしょう。そんな時こそ、ヘルシーで体に優しい料理を意識的に取り入れることが大切です。

豆腐料理

夏に嬉しいのが、低カロリーで高たんぱくの豆腐料理です。茹でた豆腐を使った冷奴や、揚げた豆腐の高野豆腐など、幅広い料理で活躍します。暑さで食欲が落ちた時でも、豆腐を使えば栄養も摂れるうえに満足感もあります。

豆腐の味付けには、さっぱりとしたものが多く、夏にぴったりです。醤油や味噌、ポン酢などの和風の味付けは無理なくいただけますし、トマトソースやピザ用チーズ、アボカドなども豆腐と相性がいいですね。旬の野菜と組み合わせれば、見た目も彩りが豊かになり、食卓が一気に華やかになります。

ゴーヤの料理

暑さで疲れがちな夏こそ、ゴーヤの料理がおすすめです。ゴーヤにはビタミンCが豊富に含まれていて、夏バテ予防や疲労回復に効果的だと言われています。苦み成分のゴーヤ葉からは、精力剤としての効果も期待できるでしょう。

ゴーヤの料理には、沖縄料理の定番のゴーヤチャンプルーをはじめ、ゴーヤとベーコンの炒め物や、ゴーヤのおひたしなど、様々な料理があります。ゴーヤの栄養と風味を活かしつつ、苦味を和らげる工夫が各地で凝らされています。夏バテ対策に、ぜひゴーヤ料理を取り入れてみてはいかがでしょうか。

夏の果物も大注目

fruit

果物は、夏を代表する食べ物の一つです。ジューシーな果実は見た目にも涼しげで、栄養も豊富に含まれています。さっそく人気の果物をチェックしましょう。

スイカ

夏の風物詩といえば、スイカが真っ先に思い浮かびますね。赤くみずみずしい果肉は、暑さで落ちた食欲をそそります。また、スイカは体を冷やす作用があり、熱中症対策としても効果的です。家族や友人と一緒に、パクリと種を吐き出しながら食べる姿は、夏の風景そのものですね。

スイカには、さまざまな品種があり、それぞれに個性があります。黒皮スイカ、クリムゾンスイート、アンデスメロンなど、形や大きさ、味わいの違いを楽しむのも夏の醍醐味です。ジューシーな果肉を思う存分堪能できるよう、スイカ割り名人に習ったカッティング技も要チェックですね。

夏の味覚といえば、やはり桃を外すわけにはいきません。白桃も黄桃も、甘酸っぱい香りと、濃厚な果肉の味わいがたまりません。ジューシーで食べ応えがあり、暑い夏にぴったりの味わいです。

桃には、旬の時期や品種によって、様々な味わいがあります。白馬や白鳳などの白桃は、爽やかな香りと甘みが特徴的です。一方、黄桃の黄金桃や川中島は、芳醇な香りと甘みが楽しめます。さらに、和歌山県の紀の川や香川県の小原紅などは、希少性と味の良さで定評があります。自分好みの桃を見つけるのも、夏の醍醐味でしょう。

まとめ

いかがでしたか。かき氷やそうめん、うなぎといった定番の夏の食べ物から、冷やし中華やゴーヤ料理、夏の果物まで、さまざまなメニューをご紹介しました。夏は様々な味覚が集まる大切な季節です。食欲が落ちがちな暑い日々だからこそ、食卓を彩る美味しい一品を意識して楽しみたいものです。ぜひ、この夏は何かひと品プラスして、思い出に残る食体験をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物 ランキング等

コメント