今どきの若者の熱い”トレンド”と”価値観”を知る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
youth 話題 ランキング等
スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに

現代の若者は、SNSやメディアの影響を強く受けながら、独自の価値観や行動様式を形成しています。新しい言葉や流行に敏感であり、自らも文化の担い手となっています。本日は、若者の最新トレンド、情報収集の在り方、価値観の変化などについて、詳しく見ていきましょう。

若者の最新トレンド

youth

若者の間では、常に新しい流行が生まれては消えていきます。SNSやメディアを通じて広まる言葉や現象は、若者の関心事を映し出しています。

SNSで広まる言葉遊び

「好ハオ」「てぇてぇ」「ユザネ」「羽ばたいている」など、SNSで生まれた言葉が若者の間で流行しています。SNSの拡散力を背景に、言葉遊びが瞬く間に広まるのが特徴です。

一方で、「チョベリグ・チョベリバ」「MK5」のように、過去の流行語が再び注目を集めることもあります。懐かしさと新鮮さが融合した言葉が、若者の心をつかんでいるようです。

推しカルチャー

アイドルグループやYouTuber、芸能人を「推し」と呼び、熱心に支持する「ヲタ活」が若者の間で流行しています。SNSでは、同じ推しを持つファン同士が交流を深めています。

推しへの応援は、単なる人気の追随ではなく、共感性の高さが大切にされています。推しとファンが「共創」する関係性が築かれているのが特徴です。

エンターテインメント作品の人気

コロナ禍で自宅時間が増えたこともあり、「どうぶつの森」や「鬼滅の刃」などのゲームやアニメが若者の間で大人気となりました。オンラインでの交流が活発化したことで、共通の話題作りとしても注目を集めています。

また、漫画の「マッシュル-MASHLE-」や、フーフー飯店の新鮮なフォトジェニックな料理なども若者の間で人気を博しています。

情報収集の在り方

media

若者は複数のメディアを使い分けながら、情報収集を行っています。様々な情報源を駆使し、自分なりの価値判断を下しています。

SNSを活用した情報収集

TwitterのトレンドやInstagramを駆使し、流行の情報をリアルタイムで入手しています。また、同世代の反応を確認することで、自身の興味関心を形作っています。

一方で、SNSの情報の正確性には疑問を持っており、情報を鵜呑みにはしていません。情報リテラシーの高さが伺えます。

検索エンジンの活用

仕事や勉強の際に分からないことがあれば、Google検索を活用しています。調べ物には検索エンジンが最適な情報源と位置づけられています。

検索結果の判断にも長けており、信頼性の高い情報を選別できるのが特徴です。

メディアの使い分け

テレビ、新聞、ニュースアプリ、YouTubeなど、目的に応じてメディアを使い分けています。時事問題では公共放送を重視するなど、分野ごとに適切な情報源を選んでいます。

一方、マスコミの報道姿勢には懐疑的で、あくまでも自身の価値観で情報を見極める傾向があります。

価値観の変化

marketing

Z世代は従来の常識に捉われない独自の価値観を持っています。企業は新しい価値観に適応したマーケティング戦略が求められます。

流行への無関心

野村総合研究所の調査で、Z世代は他世代に比べ、流行意識が低いことがわかりました。ブランドや人気よりも、自身の価値観に合致するものを選ぶ傾向にあります。

マーケティングでは、わかりすぎた広告ではなく、「好き」を共感できるクリエイティブが求められているのです。

親世代への関心

Z世代の親子仲はよく、昭和の雰囲気のリバイバル商品やコンテンツにも好意的です。自分たちが知らない親世代の文化に好奇心を持っているのが特徴です。

企業は新旧の文化を自然に融合させた商品を展開することで、Z世代の共感を呼び起こせるでしょう。

SNSとの同化

Z世代はSNSで生活しており、企業のSNS運用への高い期待を寄せています。一方的な広告ではなく、コミュニティとの双方向のコミュニケーションを求めています。

SNSを連絡網として使うのではなく、ユーザーの声に共感し、共に何かを創り上げていくスタンスが望まれます。

まとめ

若者文化には刻々と変化が生じていますが、その根底にあるのは自身の価値観を大切にするという姿勢です。言葉遊びやエンターテインメント作品への関心は、SNSを通じて加速度的に広がっています。一方で、情報収集においては多角的な視点を持ち、情報の信憑性を見極めようとしています。

企業においては、若年層マーケティングの重要性が増しています。単なる広告ではなく、若者と同じ目線に立って、共感を呼ぶコミュニケーションが求められています。世代を超えた対話によって、新しい価値創造の糸口が見えてくるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題 ランキング等

コメント