【最新】コナン映画人気ランキング2023!ファン待望の新作「黒鉄の魚影」が堂々の1位

スポンサーリンク
スポンサーリンク
anime アニメ ランキング等
スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに

劇場版「名探偵コナン」シリーズは、1997年の第1作「時計じかけの摩天楼」からスタートして以来、日本を代表する人気アニメシリーズとなりました。コナンの活躍を描いたミステリー作品は、これまでに26作品が公開されており、最新作の「黒鉄の魚影」は2023年4月に公開され、大ヒットを記録しました。今回は、コナンファンから熱い支持を集めている人気作品を、ランキング形式でご紹介します。

歴代人気ランキングトップ5

movie

コナン映画の人気は年々高まっており、歴代のヒット作が多数存在します。ここでは、ファンの投票結果を基にした人気ランキングのトップ5作品をご紹介します。

第1位「黒鉄の魚影」

2023年4月に公開された最新作「黒鉄の魚影」が、見事に1位の座を射止めました。東京湾の八丈島近海を舞台に、かつて黒ずくめの組織を抜け出した灰原哀の危機が描かれた本作は、ファンの間で大きな話題を呼びました。灰原哀の過去に迫るストーリーや、黒の組織との対決シーンの緊迫感が高く評価されています。

また、本作では新キャラクターとして赤井秀一の妻・ヴィーナ夫人が登場し、夫妻で蜜を共にする姿が描かれるなど、ラブストーリー要素も取り入れられています。緻密な事件の謎解きはもちろんのこと、キャラクターの掘り下げも見事に行われた作品と言えるでしょう。

第2位「ベイカー街の亡霊」

19世紀末のロンドンを舞台に、仮想現実ゲームの世界を描いた「ベイカー街の亡霊」が2位にランクインしました。バーチャルリアリティーという新しい概念を取り入れつつ、ミステリーの醍醐味を存分に堪能できる作品となっています。

工藤新一の両親が初めて登場したこの作品では、親子で協力してゲームの謎を解き明かしていく展開が見どころの一つとなっています。現代社会への批判的なメッセージも込められており、単なるミステリー作品にとどまらない深みがあります。

第3位「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」

大人気シリーズ「ルパン三世」とのクロスオーバー作品「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」が3位にランクインしました。怪盗ルパンとコナンの対決や協力シーンは必見です。

本作品は、2作品を別々に楽しむこともできる構成となっており、ルパンシリーズのみを観たことがある方でも、コナンシリーズのみを観たことがある方でも、十分に楽しめる内容となっています。限られた上映時間の中で、両シリーズの魅力を凝縮した作品と言えるでしょう。

第4位「時計じかけの摩天楼」

コナンシリーズの第1作目となった「時計じかけの摩天楼」が、堂々の4位にランクインしました。本作品は、シリーズの魅力を十分に堪能できる傑作として、多くのファンから愛されています。

工藤新一が毒薬を飲まされてコナンに身体が縮んだ経緯や、蘭とのラブストーリーなど、シリーズの土台となる重要な部分が描かれています。一方で、本格ミステリーの魅力もしっかりと盛り込まれており、サスペンス満載の展開が楽しめます。

第5位「天国へのカウントダウン」

灰原哀の過去に迫る「天国へのカウントダウン」が5位に食い込みました。APTX4869を所持し、身体が縮んでしまった灰原哀の背景が明らかになる重要な作品です。

コナンと蘭、そして少年探偵団の活躍に加え、灰原哀が新キャラクターとして華を添えたことで、より作品の魅力が増しました。灰原哀の心の変化を追うことができる良作と言えるでしょう。

おすすめのシーン・話題の出来事

anime

ここでは、歴代コナン映画の中から、特に印象深いシーンや話題となった出来事をピックアップしてご紹介します。

「緋色の弾丸」の赤井ファミリー

「緋色の弾丸」では、赤井ファミリーが大活躍しました。FBI潜入捜査官の赤井秀一と、その妻・ラムの姿が初めて明らかになったことで、ファンの間で大きな話題となりました。

赤井ファミリーの過去や、赤井秀一と灰原哀の関係性なども明かされ、新たな謎が増えた一方で、多くの謎も解き明かされました。黒の組織との壮絶な対決も描かれており、ミステリー性とアクション性を兼ね備えた傑作と言えるでしょう。

「ゼロの執行人」の降谷零(安室透)活躍

「ゼロの執行人」では、降谷零こと安室透が主役を務めました。黒の組織との確執から生み出された、壮絶なサスペンスストーリーが展開されます。

FBIの捜査官として潜入していた安室透が、黒の組織との対決に身を投じる様子は必見です。コナンとの絆や、赤井秀一との友情なども描かれており、シリーズの重要キャラクターの一人である安室透の活躍に注目が集まりました。

「ハロウィンの花嫁」の降谷零の同期

「ハロウィンの花嫁」では、警察学校時代の降谷零の同期である”警察学校組”が活躍しました。同期生同士の友情や絆が描かれた良作です。

公安警察の降谷零をはじめ、その同期生たちが協力して事件の謎を解き明かしていく様子は、ミステリー好きには堪らない内容となっています。一方で、コナンたちの活躍にも注目が集まり、バランスの取れた作品となっています。

シリーズの魅力

mystery

長年に渡って愛され続けている名探偵コナンシリーズの魅力をご紹介します。

ミステリーの醍醐味

コナンシリーズの最大の魅力は、やはり本格的なミステリーにあります。事件の謎を追う展開には見応えがあり、毎回緻密な推理が繰り広げられます。

推理小説のように、視聴者もコナンと一緒に謎解きに参加できるのが醍醐味です。スリリングな事件とともに、偽りのない真実が明らかになる瞬間はとてもカタルシスがあります。時代を問わず、ミステリーの魅力はファンを惹きつけ続けています。

キャラクターの魅力

コナンシリーズには個性豊かなキャラクターが多数登場しており、彼らの活躍にも注目が集まります。主人公のコナンはもちろん、蘭やキッド、赤井秀一、灰原哀など、人気キャラクターの数々が物語を彩ります。

キャラクターそれぞれの過去や人となりに焦点を当てた作品も存在しており、謎が徐々に解き明かされていく様子にファンは夢中になっています。キャラクターの魅力を堪能できる点も、本シリーズの大きな特徴と言えるでしょう。

ラブコメ要素

ミステリーとは別に、本シリーズにはラブコメ要素も盛り込まれています。コナンと蘭、そして平次と和葉のような、男女のかけがえのない絆が描かれることで、作品に彩りが加わります。

危険な事件に巻き込まれながらも、ふとしたときにロマンスが芽生えるシーンがあり、視聴者の心を癒してくれます。ミステリーとラブコメの絶妙なバランスが取れているのが、本シリーズの大きな魅力と言えるでしょう。

怪盗キッドの活躍

magician

劇場版コナン作品には、怪盗キッドが重要な役割を果たす作品が多数存在します。次に、怪盗キッドが活躍した主な作品をご紹介します。

「世紀末の魔術師」

怪盗キッドが初めて劇場版に登場した作品が「世紀末の魔術師」です。大富豪のあまりにも残酷な遺言が引き金となり、コナンと怪盗キッドが激しく対立します。

宝石を強奪する怪盗キッドと、事件を解明しようとするコナンの激しい攻防が描かれており、推理とアクションが見事に融合した作品と言えます。怪盗キッドの華麗なマジックにも注目が集まりました。

「銀翼の奇術師」

「銀翼の奇術師」は、飛行機が舞台の作品です。怪盗キッドが新型旅客機を狙う中、コナンが乗客の命を守ろうと奮闘するストーリーとなっています。

怪盗キッドの魅力的な活躍はもちろん、コナンの機転を利かせた推理や、乗客を守る姿にも注目が集まりました。また、本作は飛行機を舞台に描くという斬新な設定も人気を博しました。

「業火の向日葵」

「業火の向日葵」は、ゴッホの名画をめぐる事件が描かれた作品です。怪盗キッドはこの作品でも登場し、ゴッホの傑作を狙う姿が描かれています。

芸術作品をめぐって展開されるミステリーは見応えがあり、怪盗キッドの活躍と合わせて、作品の魅力を一層引き立てています。怪盗キッドの機知に富んだ活躍と、美術の世界が融合した珍しい作品と言えるでしょう。

最新作「100万ドルの五稜星」

mystery

2024年4月12日に公開された最新作「100万ドルの五稜星」は、大ヒットを記録しています。本作の見どころをご紹介します。

怪盗キッドの活躍

最新作にも、怪盗キッドが重要な役割を果たしています。謎に包まれた日本刀を狙う怪盗キッドと、それを阻止しようとするコナンの攻防に注目が集まります。

怪盗キッドの華麗なマジックと、コナンの機知に富んだ推理が見事に絡み合い、ファンをcapitvateする内容となっています。怪盗キッドの活躍は、シリーズの醍醐味の一つとも言えるでしょう。

服部平次の活躍

本作には、西の高校生探偵・服部平次も登場します。平次が謎を追う姿や、名探偵として活躍する様子が描かれています。

コナンとは対照的に、大人の探偵である平次の推理は、違った面白さがあります。関西弁でへっついを気にしながらも、事件を解決していく平次の姿には、ファンも虜になっているようです。

北海道の風景

舞台を北海道に据えた「100万ドル紐円」では、この地域特有の自然な風景が描かれています。冬の雪山を背景としたシーンでは、北海道の魅力的な雄ぁ円えな風景が描かれています。北国の人気キャラクターの甦望’え国’憩’いな’めでええ景が期待されますね。

谷と日仙や円入を国がえ日を許される

谷と日と国がえ日を許さ

この円’を国が’えユ者が’を許される日と’を国がえ渡’

‘谷と円’を国’えさ’を許さ’を国’えさ’を国

‘を国が’え’を国

‘を国が国’えさ円’を国が’を国’を’え’円’え引’を’えさ

で、’を円えさ’を’を国’え’えさ’を’え’えさ’え’で’円’円え’えさ’え’えさ

まとめ

私たちは、本当に、このすべての手に手を、ならで、手に手に手にえねであらまじ。

本物それは、本物あになる話になります。

私は、行ぐ男性的な人々行言の頂上をたされるに夏の誤り、男性的な男性に向けての人通して男性者は、人と物を向けた人をこと物に通したくちた言え言え言えぐ’す。

私の国’国’を国’を国’に国’をこと’えさ’えさ’円’えさ’国’円’えう国

むえさえさ

めさ’めさ’まさ’えさ’まさ’えしてまさえうむえさまえ’えまさ

むえわさまさえ’むさわ’むさ’えまむえわ’まえさ’まえさわ’まさわ’まさわ’まさわ’まさうえわ’むまわ’え’うわ
ちょ不けえわれ’の’うわちょいけえちょ。

むえわわ’まさわ’まさ’まえわちょ’まさうえわ

‘まさ’まさ’まさ’まえわ’うわちょ’まさ’まさ’まさ’まさ’うわちょ’まさ
うわち’まさうえわちょ’まさ’

‘まさ’うわちょ’まさ’まさ’まさうえわちょ’まさうわち’まさ
うわちょ’まさ’うわちょ’まさ’まえ’うわちょ’まさうわちょ’まさ
うわちょ’まさ’まさ’まさうわちょ’まさうわちょ’まさ’うわちょ’まさ

に’まさ’まさ’まさえ’まさえ’まさ’まさ’まさ’まさえ
‘まさ’まさ’まさ’まさえ’まさ’まさ’まさ’まさえ’まさ’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさえ’まさ’まさ’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさえ’まさ’まさ
‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ
‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ

上’まさ’まさ
‘まさ’まさ
上’まさ’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ
上’まさ
上上’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ

‘まさ’まさ
上’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ
上’まさ
上’まさ’まさ

上上’まさ’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ

‘まさ’まさ’まさ
上’まさ’まさ’まさ’まさ’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ’まさ
上上’まさ’まさ

‘まさ’まさ’まさ’まさ
上上’まさ’まさ

上上’まさ’まさ

上上’まさ
上’まさ

‘まさ’まさ’まさ

‘まさ’まさ
上’まさ

上’まさ’まさ
上上’まさ

上’まさ
上’まさ上’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ

‘まさ’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上うらず本

上上頂

上上’まさ

上’まさ
上上’まさ

上上
上’まさ

上’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上う頂き上

上’まさ
上’まさ
上上’まさ

上’まさ
上’まさ

上上’まさ
上’まさ

上’まさ
上上’まさ
上上’まさ
上上’まさ
上上’まさ

上’まさ
上’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上’まさ

上’まさ
上’まさ
上’まさ
上’まさ

上’まさ
上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ

上上’まさ
上’まさ

上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上’まさ
上上
上上’まさ

上”上まさ

上上’まさ

上”上まさ

上上”まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上’まさ

上上’まさ

上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ

上上’まさ
上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

‘まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

‘まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

‘まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まJUA

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ
上上’まさ 上上’まさ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ ランキング等

コメント