地元の味が大人気!給食の人気メニューランキングTOP10を大公開

スポンサーリンク
スポンサーリンク
food 食べ物 ランキング等
スポンサーリンク

学校給食は、子供たちの成長期における大切な食事の場です。地域の特産品や家庭料理をアレンジした給食メニューは、子供たちに地域の文化や伝統を伝えるだけでなく、豊かな食体験を提供してくれます。このブログでは、人気の給食メニューランキングから懐かしの給食まで、様々な角度から給食の魅力を紹介していきます。給食を通じて地域の魅力や食文化に触れ、思い出に残る食体験を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

1. 給食メニューランキングTOP10とは?

food

給食メニューランキングTOP10は、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチの結果をもとに、人気のある給食メニューを集計してランキング化したものです。このランキングは、地域の特産品や郷土料理を活かした給食メニューにも注目しています。

以下は給食メニューランキングTOP10の一部です:

1位: ベニズワイガニ(富山県)
2位: ふかひれスープ(宮城県)
3位: ソフトめん(東京都、埼玉県、一部の東海・四国・中国地方)
4位: ポンジュースごはん(愛媛県)
5位: 鯨の竜田揚げ(北海道、宮城県、千葉県、和歌山県、山口県、長崎県)
6位: ジンギスカン(北海道)
7位: きんぎょ飯(岐阜県)
8位: ほうとう(山梨県)
9位: ホッキカレー(北海道)
10位: インド煮(栃木県)

これらの給食メニューは、地域ごとの特産品や郷土料理を組み合わせた独自の味わいや特徴があります。地方の人々にとっては馴染みのある給食メニューかもしれませんが、他の地域の人々にとっては新鮮な給食メニューとなっています。

このランキングは、給食のバリエーションや地域ごとの特産品を知る上での手がかりとなるだけでなく、給食を提供する方々の愛情や工夫が詰まった給食の魅力を伝えるものでもあります。次のセクションでは、給食メニューランキングTOP10の中から特に人気のあるご当地給食メニューについて紹介します。

2. ご当地給食メニューの意外な人気者

food

地方限定の給食メニューには、意外な人気者が存在します。地域の特産品や郷土料理を活かした給食メニューは、地元では当たり前の存在かもしれませんが、他の地域では驚きの対象となっています。以下では、その中でも特に人気のある給食メニューをご紹介します。

1位 ベニズワイガニ(富山県)

富山県では、給食メニューとしてベニズワイガニが提供されています。この地域はベニズワイガニの漁獲量が日本一であり、その豊富さを活かして給食に取り入れています。ベニズワイガニの身は繊細で風味豊かであり、子供たちにも大人気です。

2位 ふかひれスープ(宮城県)

宮城県では、給食メニューとしてふかひれスープが人気です。ふかひれは高級食材として知られており、その贅沢な味わいを給食で楽しむことができます。宮城県の子供たちは、この特別なスープを給食で食べる機会を楽しみにしています。

3位 ソフトめん(東京都、埼玉県、一部の東海・四国・中国地方)

東京都や埼玉県、一部の地域では、給食メニューとしてソフトめんが提供されています。ソフトめんは通常の麺よりも柔らかく、子供たちでも食べやすい特徴があります。これらの地域では、ソフトめんを楽しみにしている子供たちが多いです。

4位 ポンジュースごはん(愛媛県)

愛媛県では、給食メニューとしてポンジュースごはんが人気です。ポンジュースは愛媛県の特産品であり、その酸味と甘みが給食のごはんと相性抜群です。子供たちはこのピリッとした味わいが好きで、給食の時間を楽しみにしています。

5位 鯨の竜田揚げ(北海道、宮城県、千葉県、和歌山県、山口県、長崎県)

北海道や宮城県、千葉県、和歌山県、山口県、長崎県では、給食メニューとして鯨の竜田揚げが提供されています。これらの地域では、鯨肉が豊富にあり、その恵みを給食に取り入れています。鯨の竜田揚げはサクサクとした食感と淡白な味わいが特徴で、子供たちにも人気です。

これらのご当地給食メニューは、地域の特産品や郷土料理を活かしたものであり、子供たちにとっては身近な存在です。給食の時間にご当地の味を楽しむことは、地域の文化を体感する機会でもあり、子供たちの食育にも役立つ素敵な経験です。

3. 懐かしの給食メニューに密着

food

かつての給食メニューは、多くの人々の心を魅了しています。特にかつて提供されていたけれど今ではあまり見かけないメニューは、子ども時代の思い出と共に私たちを惹きつけます。このセクションでは、かつての懐かしの給食メニューについて詳しく紹介します。

3.1 「鯨の竜田揚げ」

かつて提供されていたが、現在はほとんど見かけることがない給食メニューがあります。それが「鯨の竜田揚げ」です。この料理は、鯨肉を特製のタレで味付けし、サクサクと揚げたものです。子どもたちにはそのボリュームと食感が人気でしたが、商業捕鯨の禁止や食材の安定的な供給の問題などから、給食から姿を消してしまいました。

3.2 「生野菜」

かつての給食では、生野菜も一般的に提供されていました。キャベツの千切りなどが添えられていたこともあります。しかし、1996年に起きた食中毒事故をきっかけに、全国の学校給食ではほとんどの野菜が加熱調理されるようになりました。生野菜は給食から姿を消し、加熱野菜の提供が主流となりました。

3.3 「そば」

昔の給食メニューには、そばもよく登場していましたが、近年は提供されることが少なくなりました。これは、そばアレルギーの子どもたちの増加や、そばと同じ製麺工場で製造されているソフト麺の提供回数の減少などが影響しています。しかし、かつてのそばやソフト麺は、子どもたちにとって貴重な思い出となっています。

懐かしい給食メニューは、子どもたちの記憶に深く刻まれており、その味や出どころについて話すときには、懐かしい思い出や時代背景も交えて話されます。給食はただの食事ではなく、子どもたちの成長とともに育まれた特別な思い出の一部なのです。

4. Z世代が選ぶ人気給食メニュー

food

Z世代を中心に注目されている給食メニューには、さまざまな料理があります。ここでは、Z世代が特に愛されている給食メニューをご紹介します。

1位:揚げパン

揚げパンはZ世代にとって絶大な人気を誇ります。そのサクサクとした食感と甘さが絶妙で、特にきな粉やココア、シナモン味などのバリエーションも楽しめるため、多くの人から支持を受けています。

2位:フルーツポンチ

フルーツポンチは、新時代のフルーツメニューとして2位にランクインしています。多種多様なフルーツが一度に楽しめることや、斬新なアレンジが特徴です。サイダーやタピオカなどの要素が加えられることもあり、Z世代に喜ばれています。

3位:カレーライス

カレーライスは、その甘さと人参の食感が特に好まれ、3位にランクインしています。給食のカレーにご飯を混ぜて食べるスタイルもZ世代に人気で、給食のカレーは絶品と高評価されています。

4位:冷凍みかん

夏に食べたくなる冷凍みかんが、4位にランクインしています。知覚過敏に効果があるだけでなく、その美味しさも兼ね備えており、多くの人が健康的でおいしい給食メニューとして支持しています。

5位:鶏の唐揚げ

鶏の唐揚げは、美味しさと特別感が重要視され、5位にランクインしています。特に鶏肉が好きな人や、唐揚げがあまり提供されない学校では、このメニューが特別な存在として喜ばれています。

6位:わかめご飯

わかめご飯は、普段のご飯とは一線を画し、特別感があります。味に特別な理由はなく、その美味しさや特別感が魅力とされています。家庭では中々食べられないため、給食のわかめご飯は貴重な一品と言えるでしょう。

7位:ミルメーク

ミルメークは、普段の牛乳とは一線を画し、特別感を与えてくれます。その美味しさも評価されており、コーヒーのような風味を楽しむことができます。飲める機会が少ないため、特別に感じられるのかもしれません。

8位:ラーメン

ラーメンは、様々な種類の味噌や醤油ラーメンがあり、どれも美味しいと評価されています。特に麺の美味しさが魅力で、麺好きの人にとっては喜ばれる給食メニューです。

9位:ABCスープ

ABCスープは、自分の名前を見つける楽しさや、味自体が好まれているため、9位にランクインしています。そのかわいらしい見た目も人気の秘訣です。

10位:カレーうどん

カレーうどんは、甘辛い組み合わせが絶妙であり、美味しさが人気を集めています。

以上がZ世代によって選ばれる、人気の給食メニューです。これらのメニューは一部の学校でしか提供されていないため、特別感があります。給食メニューは時代の背景や食文化を反映させる一方で、常にアップデートが行われていることがわかります。

5. 給食の舞台裏に迫る

food

給食の舞台裏には、多くの工夫や努力があります。ここでは、給食の裏側に迫り、彼らが抱える問題や取り組みについて紹介します。

栄養士の悩み

給食の味やメニューに関しては、常に栄養士の悩みがつきまとうものです。特に、食塩相当量の調整に関しては、栄養士たちは頭を悩ませています。子供たちには美味しい給食を提供したい一方で、健康面を考慮する必要があります。

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスの流行により、給食も大きな変化を迫られています。給食の時間やレイアウトを工夫し、密を避けることが求められています。また、黒板に向かって黙々と食事をするように指導することで、感染予防策を徹底しています。

食材の調達と管理

給食では、安全で品質の高い食材を提供するために努力しています。食材の調達先や管理方法には、厳格な基準が設けられています。地元の特産品や水産物を使用するなど、地域の食材にこだわった給食もあります。

給食献立の企画・開発

給食の献立には、栄養バランスや食材の歴史・特徴を考慮した計画があります。栄養士たちは、子供たちが美味しく食べられるメニューを考えるために様々な試行錯誤を行っています。

ボランティアや地域の協力

給食の運営には、ボランティアや地域の協力も欠かせません。特に、地元の食材を使用した給食や地域の料理を提供する場合には、地域の方々の協力が必要です。皆が力を合わせて、子供たちに美味しい給食を提供しています。

以上が、給食の舞台裏に迫る内容です。給食はただ食事をするだけではなく、栄養や地域の食文化を伝える大切な役割を果たしています。栄養士や関係者たちの努力によって、子供たちに美味しい給食が提供されているのです。

まとめ

給食メニューランキングTOP10は、地域の特産品や郷土料理を活かした独自の味わいが特徴です。これらの給食メニューは、単なる食事以上の意味を持っています。子供たちにとっては、地域の文化を体感する機会にもなり、大人になってからも心に残る思い出となります。一方で、給食の裏側には栄養士の努力や地域住民の協力が隠されています。新型コロナウイルスの影響など、様々な課題にも取り組みながら、子供たちに美味しく健康的な給食を提供し続けているのです。このように、給食は単なる学校の食事ではなく、地域の食文化や子供たちの成長を支える大切な役割を果たしていると言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物 ランキング等

コメント