おうちバーベキューを盛り上げる!定番から変わり種の絶品食材20選

スポンサーリンク
スポンサーリンク
barbecue 話題 ランキング等
スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに

バーベキューは、肉や野菜、魚介類などの新鮮な食材を炭火で焼きながら、家族や友人と楽しむアウトドアイベントです。しかし、単に定番の食材を用意するだけでは、バーベキューは monotonous になりがちです。本日は、バーベキューを盛り上げるための様々な食材とアイデアをご紹介します。定番から変わり種まで、幅広い食材を組み合わせることで、バーベキューをより楽しく盛り上がる体験にすることができます。

定番の食材

barbecue

バーベキューの定番となる食材には、肉類、魚介類、野菜類があります。これらの食材は、炭火の香ばしい香りと旨味を存分に楽しめる絶品です。

肉類

バーベキューの主役は、やはり肉類です。牛肉、豚肉、鶏肉などを使った塊肉や、ソーセージ、ベーコン、ハムなどの加工品が定番です。塊肉は、じっくり焼いて食べる「ステーキスタイル」と、細かく切って焼いて食べる「焼き鳥スタイル」の2つの調理法があります。お好みの部位やスタイルを選んで、食材の旨味を存分に引き出しましょう。

例えば、牛肉ならリブロースやヒレ肉、豚肉ならロース肉やバラ肉、鶏肉なら手羽先やモモ肉などが人気の食材です。これらの肉はそのままでも美味しいですが、好みの調味料やマリネをつけてアレンジするのもおすすめです。

魚介類

魚介類も、バーベキューの大人気食材です。エビ、イカ、ホタテ、サーモン、サザエ、アワビなどの新鮮な魚介を炭火で焼くと、プリプリの食感と上品な味わいが堪能できます。これらの食材は準備が簡単なので、本格的なバーベキューを気軽に楽しめます。

特にエビは、皮付きのまま焼いて食べるのが美味しいと評判です。皮の香ばしさが絶品の香りを放ちます。サザエやアワビなどの貝類は、バターやマヨネーズと一緒に焼くとよりおいしくなります。

野菜類

肉や魚介に負けず劣らず、野菜もバーベキューでは大活躍です。玉ねぎ、ピーマン、ニンジン、ジャガイモ、キャベツ、ナス、パプリカなどの定番野菜に加え、カボチャ、アスパラガス、エリンギ、しいたけなど種類を増やすと彩りも豊かになります。

野菜は下ごしらえしておくと、当日の準備がスムーズです。例えば、玉ねぎは輪切りにし、ナスは素揚げしておくなどの前処理をしておきましょう。また、金串に刺すと焼きやすくなります。バーベキューは野菜でも十分に楽しめる食事です。

変わり種の食材

barbecue

定番の食材に加えて、変わり種の食材を取り入れることで、バーベキューはより一層面白くなります。意外な食材を使うことで、新しい発見と驚きがあるはずです。

チーズ

チーズをバーべきューで使うと、濃厚な味わいと食べ応えが楽しめます。カマンベールチーズは、そのままグリルで焼いて食べるのが人気の食べ方です。また、チーズを挟んだチーズバーガーやチーズフォンデュなども大人気です。

チーズと一緒に食べたいのが、パンやピザ生地です。プレーンなパンに加えて、ナンやピタパンなどのエスニック系パンも合わせると、バーべキューの雰囲気が一層高まります。生地の上にお好みのトッピングを乗せて、ちょっとしたピザ作りを楽しむのもおすすめです。

お菓子・デザート

バーべきューといえば肉や野菜のイメージが強いですが、お菓子やデザートもおすすめです。マシュマロ、りんご、バナナ、さつまいも、バームクーヘンなどをバーべキューで焼くと、火を通したあとのなめらかな食感と甘さが堪能できます。

お菓子やデザートは子供に大人気です。炭火で焼いたマシュマロをチョコレートソースにつけて食べる「スモア」は、思わずはしゃぐことでしょう。おやつ感覚でデザートを用意すると、より賑やかでにぎやかなバーべキューになるはずです。

その他の変わり種

肉・魚介・野菜・デザートの他にも、バーべキューで楽しめる変わり種の食材はたくさんあります。例えば、コロッケやアメリカンドッグ、焼きそばやうどん、餃子、アボカド、いなりずし、さつま揚げなどがあります。これらの食材は子供にも大人気で、バーべキューの雰囲気作りにぴったりです。

また、岩塩プレートを使えば、塩釜焼きやキムチ、焼き酢豚などの料理も楽しめます。専用のグリルを使えば、スモークチキンやスモークサーモンも作れます。食材と調理方法を工夫することで、バーべキューのバリエーションは無限に広がります。

食材選びのポイント

barbecue

バーべキューを楽しむ上で大切なのが、食材選びです。おいしさはもちろん、人数や予算、準備時間なども考慮する必要があります。

量と人数の計算

まず確認したいのが参加人数です。1人あたりの目安量を把握し、適切な食材の量を算出しましょう。一般的な目安は以下の通りです。

  • 肉類: 男性250g、女性200g、子供150g
  • 魚介: 1人100~150g
  • 野菜: 「少し足りないかも」と思う量

また、子供の好き嫌いも考慮に入れ、子供が喜ぶ食材を適量用意するのがベターです。ソーセージやウインナー、フランクフルト、コロッケなどがおすすめです。

予算の設定

次に考えるのが予算です。食材費、道具レンタル代、会場費などを含めると、バーベキュー1人当たりの予算は1,000円~3,000円程度が目安とされています。予算に合わせて食材を選び、節約のためのお買い得商品も活用しましょう。

例えば、トライアルのバーベキューセットなら、13品の定番食材がセットになっており、1人1,900円前後と手頃な価格で購入できます。こうしたセット商品を利用すれば、予算を抑えつつおいしい食材が揃えられます。

下準備の重要性

バーベキューを盛り上げる上で欠かせないのが、下準備です。当日の手間を軽減し、スムーズに調理できるよう、前日の下ごしらえは欠かせません。

  • 肉: 解凍、マリネをしておく
  • 魚介: 解凍、皮をむく
  • 野菜: 切っておく、素揚げしておく

調味料や、バーベキューソース、タレなども前日に用意しておきましょう。これらの準備をしっかりしておけば、当日はゲストと過ごす時間を作れ、楽しいバーベキューが演出できます。

世代別のメニュー例

barbecue

バーベキューは、子供から大人まで幅広い世代が集まるイベントです。参加者それぞれの好みに合わせた食材を用意することで、より楽しい時間が過ごせるはずです。

子供向け食材

子供が喜ぶバーベキュー食材には、以下のようなものがあります。

  • ウインナー、ソーセージ、ハンバーグ
  • 焼き鳥、スペアリブ、手羽先
  • エビ、ホタテ、サーモン
  • とうもろこし、さつまいも、冷凍コロッケ
  • おにぎり、焼きそば、お餅
  • マシュマロ、りんご、バナナ

また、食材を包んで焼く「肉巻き」や、串に刺すなどのアレンジ料理も喜ばれます。子供が手伝えるよう、調理の一部を任せるのも面白いでしょう。

大人向け食材

一方、大人向けの食材は以下がおすすめです。

肉類 牛ロースステーキ、ラムチョップ、スペアリブ、豚バラ肉
魚介類 サーモン、ホタテ、サザエ、アワビ
野菜 パプリカ、ズッキーニ、エリンギ、しいたけ
その他 チーズ料理、ピザ、ナン、アボカド、キムチ

普段なかなか手に入らない上質な食材を使うことで、ワンランク上のバーベキューが楽しめます。大人なら、ワインなどのお酒との相性にも注目したいところです。

まとめ

バーベキューを盛り上げる食材は、定番の肉や魚介、野菜に加え、変わり種のチーズ、お菓子、エスニック料理など、実に様々です。参加者の年齢層や好みに合わせて、適切に食材を選び組み合わせることが重要です。また、量や予算、下準備にも気を配り、当日は手間を最小限に抑え、ゲストと過ごす時間を作りましょう。

これらの点に留意しつつ、工夫次第で定番の食材でも華やかなバーベキューが演出できます。変わり種の食材を取り入れれば、さらに刺激的で楽しいバーベキューになるはずです。ぜひ、食材やアイデアを試しながら、思い出に残るバーベキューを作り上げてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題 ランキング等

コメント