快適キャンプを実現!厳選の便利グッズ15選

スポンサーリンク
スポンサーリンク
camping 話題 ランキング等
スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに

キャンプは自然に囲まれ、雄大な景色と新鮮な空気を楽しめるアウトドアアクティビティです。しかし、キャンプを快適に過ごすには、様々な便利なグッズが必要不可欠です。本ブログでは、キャンプで役立つ便利なグッズについて詳しく紹介していきます。焚き火、調理、収納、設営など、キャンプの様々なシーンで活躍するアイテムをご紹介しますので、お気に入りのグッズを見つけてみてください。

焚き火に役立つグッズ

camping

キャンプの醍醐味と言えば、やはりナイトキャンプで楽しむ焚き火でしょう。焚き火は夜の寒さを和らげてくれるだけでなく、料理やあたたり、そして焚き火を見つめるだけでもキャンプの醍醐味を味わえます。焚き火を快適に楽しむためには、適切な焚き火グッズが不可欠です。

焚き火台

焚き火台は、焚き火を安全に楽しむための必須アイテムです。地面から焚き火を離すことで、火の粉が周りを汚したり、火災の危険を防ぐことができます。焚き火台にはさまざまな素材のものがあり、耐久性や価格帯によって選択できます。ステンレス製の焚き火台は丈夫で錆びにくく、長期間使用できるのが特徴です。また、折りたたみ式のものであれば、持ち運びも簡単です。

焚き火台を選ぶ際は、サイズも重要なポイントです。ソロキャンプなら小さめのコンパクトサイズで十分ですが、グループキャンプの場合は大型サイズの焚き火台が必要になってきます。また、焚き火台の下にグリルネットが付属しているものもあり、直火で料理ができる便利なタイプです。

火起こし用具

焚き火を楽しむためには火起こし用具が欠かせません。ライターやマッチ、着火剤など、様々な種類の火起こし用具がありますが、近年ではUSB充電式のガストーチが人気を集めています。電気で火をつけられるため、環境に優しく、風の影響を受けにくいのがメリットです。ただし、充電が必要なので電力の確保が課題です。

その他の火起こし用具としては、マグネシウム棒やファイヤースターターなど、水に強く持続的に燃え続ける物が便利です。自然の中で火を起こすには、天候や環境の影響を受けにくい用具を選ぶことが大切です。初心者は扱いやすいライターやマッチから始め、徐々にスキルを高めていくのがおすすめです。

焚き火ツール

焚き火を整えたり薪を動かしたりするための焚き火ツールも焚き火を快適に楽しむのに役立ちます。代表的なツールは以下のようなものがあります。

  • 火ばさみ – 薪を動かしたり整えたりするのに便利
  • 火起し棒 – 薪を動かしたり火を起こしたりするのに使用
  • 火消し壷 – 上に水をかけて火を消すのに役立つ
  • 焚き火ポンチョ – 火の粉から身を守ってくれる

火ばさみは長い柄があるので、炎に近づかずに薪を動かせるのが魅力です。火起し棒も同様に長い柄があり、火おこしの際に役立ちます。帰り際の火消しにも便利な火消し壷は、熱に強い耐熱性の高い素材で作られています。焚き火ポンチョは火の粉から服を守ってくれるだけでなく、寒さ対策にもなる優れものです。これらの焚き火ツールを上手に活用すれば、より快適に焚き火を楽しめるはずです。

調理に便利なグッズ

camping

キャンプでのもう一つの楽しみは、自然の中で調理することでしょう。屋外で食事を作ると、普段とは違った景色を楽しみながら調理できるだけでなく、料理もより一層美味しく感じられます。キャンプ調理を快適に行うためには、様々な便利なグッズが役立ちます。

コンロ・バーナー

キャンプでの調理には、バーナーやコンロが必需品です。キャンプ場で使える手軽なアイテムとしては、カセットコンロやガスバーナーがおすすめです。複数人数分の調理であれば、ツーバーナータイプのガスコンロがベストでしょう。燃料を切り替えられるデュアルシステムのコンロもあり、燃料の確保が容易です。

その他、炭火を楽しむなら着火剤付きのチャコールスターターが便利です。着火剤を使えば、薪を手間暇かけずに簡単に着火できます。薪ストーブタイプのレトロモダンな暖炉型コンロも人気で、おしゃれを楽しみながら調理ができます。どのタイプのコンロ・バーナーを選ぶかは、調理スタイルや人数によって変わってきます。

調理器具

キャンプでの調理に欠かせないのが、調理器具の数々です。シェラカップやスキレット、ダッチオーブン、グリルメッシュなど、調理のスタイルに合わせて様々な器具を使い分けられます。シェラカップは湯沸かしからお湯調理、フォンデュ料理まで幅広い使い道があり、軽量で扱いやすいことから大人気です。フライパンやスキレットは、ステーキや焼き魚など直火調理に最適です。

また、キャンプに特化した調理器具セットも便利です。ステンレス製の折り畳み式調理器具セットなら、収納時のコンパクト性と調理時の安定性を両立できます。プレート・カップ・フライパンなどがセットになっているので、調理に必要な器具が一通り揃います。

キッチンツール

快適なキャンプ調理を実現するには、キッチンツールの存在も欠かせません。次のようなツールがおすすめです。

  • まな板 – 野菜の下ごしらえや肉の下処理に便利
  • 包丁セット – まな板と一緒に使えば調理が捗る
  • しゃもじ・トング – 調理中の食材の移動に役立つ
  • ポケットストロー – 折りたたみできて衛生的
  • マグカップ – カラビナ付きで持ち運び簡単

まな板は丈夫なプラスチック製や木製のものなどさまざまなタイプがあります。包丁セットはオールマイティに使える万能タイプとスペシャリストタイプがあり、用途に合わせて選びましょう。食材の移動に便利なしゃもじやトングは火傷防止にもなります。後片付けの手間を省ける折りたたみ式のポケットストローやカラビナ付きマグカップなど、小さなキッチンツールにも便利なアイデア製品が登場しています。

収納に役立つグッズ

camping

キャンプでは装備品の収納も欠かせません。テントやタープなど大型のギアから、調理器具や衣類、食材まで、様々な物を手際よく収納できるアイテムがあると便利です。狭いスペースでキャンプを行う場合は、収納力のある便利グッズが特に重宝します。

収納ケース・バッグ

シームレスな素材で作られた収納ケースやバッグは、キャンプギアの収納に最適です。ケースやバッグの中に装備品をきれいに収まり、キャンプサイトがスッキリした印象になります。ハードケースはギアへの衝撃を和らげてくれるので、貴重な装備品の保護にも役立ちます。

収納バッグにも様々なタイプがあり、用途に合わせて選べます。スタッフバッグは整理整頓に役立ち、クーラーバッグは保冷剤と併せて使えば食材の鮮度を保ちます。折りたたみ可能なバケツやシンクは、水の移動に便利なだけでなく、収納時にコンパクトになるのがうれしいポイントです。

ラック・ハンガー

キャンプ装備品の整理に欠かせないのがラックやハンガーです。洋服を掛けたり、調理器具を置いたりと、用途は様々です。一般的なポールハンガーやハンモックスタイルのギアハンガーなどがあります。折りたたみ式のラックは場所をとらず、高さ調整機能がついているものも便利です。

近年では、インフレータブルタイプのポップアップラックも人気です。空気を入れるだけのカンタン設営で、サイドに小物を入れられるポケット付きなど機能性も高いです。また、ウッドラックなど天然木製のおしゃれなデザインも登場しています。モノトーンカラーのスタイリッシュな収納ラックなども人気で、キャンプギアが見た目にもこだわれます。

オールインワンタイプ

近年、収納に特化した「オールインワン」タイプのキャリーギアが登場しています。バスケットとクーラーボックスが一体化した「キャンプシャーシ」や、収納スペース・クーラーボックス・テーブルが一つに集約した「ユーティリティ・バーキャビン」など、さまざまな機能を備えた製品があります。

これらのオールインワングッズは、限られたスペースを有効活用できるのが最大のメリットです。収納、調理、ティータイムなど、キャンプのさまざまなシーンに対応できます。持ち運びも楽で、手間のかかる設営も不要です。初心者から上級者まで、幅広いキャンパーにおすすめできるアイテムです。

テントやタープのグッズ

camping

キャンプを行う上で最も重要なのが、宿泊スペースの確保です。自然の中で快適に過ごすためには、しっかりとした設営が必要不可欠です。テントやタープなどの本体はもちろん、設営に便利なグッズが様々と存在します。

テントやタープ

キャンパーに人気のテントやタープは種類が豊富で、用途に合わせて選ぶことができます。ソロキャンプ向けのワンポールテントは設営が簡単で、コンパクトに収納できるのが魅力です。複数人用であれば前室付きのドームテント、グループキャンプならスペースに余裕のあるファミリーテントなどがおすすめです。

タープについても、設営スタイルに合わせて選びましょう。ワンタッチで簡単に設営できるクイックタープや、高さや形を自由に変えられるマルチタープなど、様々なタイプがあります。日よけにもなり、雨風から身を守ることもできるため、キャンプに欠かせません。

設営用グッズ

適切なテントやタープを選んだ後は、設営に便利なグッズを用意しましょう。地面に固定するためのペグやロープ、張り綱などは設営の基本アイテムです。ペグは軽量で強度のあるアルミ製が人気で、引っ張りにくいV字型のものもあります。ロープはタフで切れにくい素材のものを選びましょ う。

その他、タープの固定にオシャレな本革デザインのランタンフックを使ったり、設営時の負担を軽減するショルダータープポールなど、設営をサポートするグッズがたくさんあります。キャンプ経験の浅い初心者は、設営を簡単にできるインスタントなグッズから試してみるのがおすすめです。

インテリア&リビンググッズ

テントの中を快適に過ごせるようにするには、キャンプ用のインテリアグッズを活用しましょう。寝具はもちろん、照明や家具なども野外で役立つアイテムがたくさんあります。

  • ランタン – 太陽の光がなくなっても明かりが得られる
  • コット – しっかりした寝心地で快適な睡眠が叶う
  • チェア・テーブル – キャンプのリビングを作り出せる
  • ブランケット – 肌掛けとしてもインテリアとしても使える

インテリアグッズとしては、レトロな雰囲気が人気のランタンや軽量・コンパクトなチェア、ウッド素材のおしゃれなテーブルなどが人気です。ブランケットは寒さ対策だけでなくインテリアとしても活躍してくれます。キャンプでゆったりとした時間を過ごすためには、こうしたグッズを上手に取り入れましょう。

まとめ

キャンプは自然の恩恵を最大限に活かせるアウトドアアクティビティですが、快適に楽しむには様々な便利グッズが欠かせません。焚き火を整えるためのツールから収納に役立つケース、調理を助けるギアまで、キャンプの様々なシーンで活躍するグッズを上手に活用しましょう。テントやタープ、寝具など宿泊関連のグッズもキャンプを快適にする上で重要です。便利なグッズを取り入れることで、思い出に残るキャンプ体験が待っていることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題 ランキング等

コメント