バズったツイートの過去と現在!効果的な活用術とコツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
social media 話題 ランキング等
スポンサーリンク

Twitterでバズったツイートを効果的に活用するためのヒントが満載のブログです。バズったツイートの定義や判断基準、検索方法のコツ、対応策などを詳しく解説しています。SNSマーケティングに役立つ情報が盛りだくさんですので、ぜひご一読ください。

スポンサーリンク

1. バズったツイートとは?定義と判断基準

social media

バズるツイートとは、SNSの投稿が一時的に広まり、多くの人々の注目を集めることを指します。具体的な定義は存在しないものの、一般的な判断基準としては、通常の平均リツイート数やいいね数を大幅に上回ることが挙げられます。

リツイート数(RT数)

バズるツイートは、通常の平均リツイート数をはるかに上回るリツイート数を獲得します。一定のリツイート数を超える場合、そのツイートはバズっていると言えます。

いいね数

バズるツイートは、通常の平均いいね数をはるかに上回るいいね数を獲得します。一定のいいね数を超える場合、そのツイートはバズっているとされます。

これらの数字が平均値よりも大幅に上回っている状態を、バズっていると言います。

バズるツイートを効率的に検索するには、Twitterの検索コマンドやツールを活用することが重要です。具体的な検索方法やコツについては、後のセクションで詳しく説明します。また、バズったツイートに対する考え方や対応策についても解説しますので、次のセクションもご覧ください。

2. 効果的な検索方法とコツ

social media

Twitterでバズったツイートを見つけるためには、効果的な検索方法とコツを知る必要があります。以下では、検索時の注意点を守りながら、効果的な検索方法とコツについて解説します。

2.1 検索コマンドの組み合わせ

検索する際には、複数の検索コマンドを組み合わせることが重要です。単一のコマンドだけでは検索エラーになる場合があるため、複数のコマンドを使うことをおすすめします。以下に、いくつかの検索コマンドの組み合わせの例を紹介します。

  • 2つのキーワードを含むツイートを検索する場合: 「検索キーワード① 検索キーワード②」
  • 複数のキーワードのうちいずれか1つ以上を含むツイートを検索する場合: 「検索キーワード① OR 検索キーワード②」
  • 特定のキーワードを除外して検索する場合: 「検索キーワード -除外したいキーワード」
  • 特定のキーワードを正確に含むツイートを検索する場合: 「“検索キーワード”」

これらの検索コマンドを組み合わせることで、自分が知りたい情報に絞ったツイートを表示することができます。

2.2 キーワードを含むツイートを検索する

特定のキーワードを含むツイートを検索する場合は、検索コマンドを使用します。例えば、「検索キーワード」というキーワードを含むツイートを検索したい場合、以下のように検索コマンドを使用します。

検索キーワード

スペースを入力してキーワードを区切ることで、複数のキーワードを含むツイートを検索することもできます。

検索キーワード① 検索キーワード②

また、類義語や関連キーワードを入れることで、検索精度を高めることもできます。

2.3 ハッシュタグを含むツイートを検索する

ハッシュタグ付きのツイートを検索する場合も、検索コマンドが使用できます。以下に例を示します。

“`

ハッシュタグ

“`

ハッシュタグを含むツイートを検索することで、特定のトピックやイベントに関連するツイートを見つけることができます。

2.4 検索結果の絞り込み

検索結果をさらに絞り込むためには、検索コマンドの他にも様々な条件を指定することができます。例えば、期間や日付、特定のアカウントのツイートなどを絞り込むことができます。

検索結果をさらに絞り込むためには、以下のような検索コマンドを使用します。

  • 特定のアカウントのツイートを検索する場合: 「from:@アカウント名」
  • 指定した日付以降のツイートを検索する場合: 「since:yyyy-mm-dd」
  • 指定した日付以前のツイートを検索する場合: 「until:yyyy-mm-dd」

これらの検索コマンドを活用することで、より具体的な条件でツイートを検索できます。

以上が、効果的な検索方法とコツの解説です。検索コマンドを適切に使用し、キーワードや条件を組み合わせることで、より効率的にバズったツイートを見つけることができます。では、次に検索時の注意点について解説します。

3. 検索時の注意点

social media

バズったツイートを検索する際には、いくつかの注意点があります。正確な検索結果を得るために、以下の注意点を守りましょう。

3.1 期間・日付は、年月日で入力する

ツイートのバズりを探す際には、期間や日付を「年月日」の形で正確に入力する必要があります。例えば、「2022年7月1日」といった具体的な日付を指定することで、その日にバズったツイートを探すことができます。日時の表記を「日月年」や「月年日」にすると、検索結果が表示されない可能性がありますので、注意しましょう。

3.2 鍵アカウントは検索できない

鍵アカウントのツイートは、一般のユーザーからは検索することができません。検索結果には公開アカウントのツイートか、自分がフォローしているアカウントのツイートのみが表示されます。他人の鍵アカウントのツイートは、そのアカウントのフォロワーのみが閲覧できます。

3.3 プロフィール文は検索できない

ツイートの検索コマンドでは、ツイート文のみが対象になります。キーワードを含むプロフィール文を持つユーザーを検索することはできません。バズったツイートを探す際には、ツイート文に注目しましょう。

3.4 記号やスペースは半角で入力する

Twitterの検索コマンドでは、記号やスペースをすべて半角で入力する必要があります。全角で入力してしまうと、検索コマンドが正しく機能しない場合がありますので、注意しましょう。

これらの注意点を守りながら、効果的にバズったツイートを検索しましょう。また、慣れるまではスペルや記号の入力にも注意が必要です。ツイート検索を賢く利用し、正確な情報を効率的に収集しましょう!

4. バズったツイートへの5つの対応策

social media

バズったツイートには、適切な対応をすることが重要です。ここでは、バズったツイートへの5つの対応策をご紹介します。

1. ツリーに宣伝したいツイートを投稿する

バズった投稿には、宣伝したい内容をツリーに投稿することがあります。新しい文面や過去の投稿のリツイート、公式サイトやInstagramのリンクなどを投稿することができます。ただし、宣伝ツイートの数は多くても5ツイート程度に留め、1投稿あたりの閲覧数を増やすことが大切です。

2. プロフィール文章をチェックする

バズったツイートを見た人は、投稿主のプロフィールを見ることもあります。そのため、自己紹介文には対象とのつながりを示す内容や、ガイドラインに沿った書き方、自社サイトへのリンクの設置などが重要です。バズったツイートによって集まった人にアピールするため、プロフィール文章の改善を検討しましょう。

3. 固定ツイートを見直す

この機会に、固定ツイートの内容を見直しましょう。固定ツイートには、最も知ってほしい情報やアピールしたい内容を設定することが重要です。古いツイートが固定されたままになっていないか、バズったツイートからプロフィールを訪れた人にとって魅力的な内容になっているかを確認しましょう。もし固定ツイートがない場合は、バズったツイートと関連する投稿を行って、固定ツイートに設定することも検討してください。

4. 過去の投稿をチェックする

リスク管理の観点から、ツイートがバズった後で過去の投稿を早めにチェックすることをおすすめします。昔の投稿が注目を浴びることで知名度が向上する反面、炎上のリスクも高まります。過去の投稿には事業やサービスの趣旨から外れたものや、運用担当者の私的なツイート、誰かを傷つける投稿が含まれていないか確認しましょう。必要に応じて投稿を削除することも検討してください。バズった後は、早めに過去の投稿を整理することが重要です。

5. 問い合わせ先を明示する

バズったツイートには多くのリプライが寄せられるため、重要な問い合わせが埋もれてしまう可能性があります。問い合わせ先を明確に示し、漏れなく問い合わせを受け取れるようにしましょう。

5. リスク対応のための3つのポイント

social media

リスク対応を行うことで、バズることに伴うリスクを軽減することができます。以下では、リスク対応のための3つのポイントを紹介します。

1. 悪意のあるコメントには反応しない

バズによって増えるリプライや引用リツイートには、悪意のあるコメントも含まれることがあります。そのようなコメントに対しては、反応しないことが重要です。悪意のあるキーワードや送信元のアカウントをミュート表示に設定するなど、気にならないように対処しましょう。ただし、ポジティブなメッセージには素早く対応することが大切です。批判をミュートすることはおすすめしません。

2. バズ後に過剰なツイートを避ける

バズした後は新たなフォロワーが増えるかもしれませんが、過剰なツイートは避けるべきです。過剰なツイートはフォロワーに迷惑をかけ、離れてしまう可能性があります。適度な頻度で投稿し、自社のアピールに効果的な内容を考えましょう。

3. 元々いるフォロワーへの配慮を忘れない

バズすることで新たなフォロワー向けのツイートが増えるかもしれませんが、元々いるフォロワーへの配慮を忘れてはいけません。ツイートの内容が変わると、以前からのファンが離れてしまう可能性があります。アカウントの性格や趣旨を忘れずに、フォロワーにとって有益な情報を提供し続けることが重要です。自社アカウントの強みを見直し、運用方針を整えましょう。

バズは一時的な現象であり、リスクも伴いますが、適切な対応を行うことでバズを有効活用し、自社の知名度向上やフォロワーの獲得につなげることができます。悪意のあるコメントには反応せず、過剰なツイートを避け、元々のフォロワーへの配慮を忘れないようにしましょう。これらのポイントを念頭において、バズを活用しましょう。

まとめ

バズるツイートの実践的な検索方法と、バズに伴うリスク管理について解説しました。検索コマンドを活用して効率的にバズったツイートを見つけ、プロフィールやツイートの内容を見直すことで、バズを自社に有効活用できます。一方で、悪意のコメントへの対応や過剰な投稿の抑制など、リスク対策にも留意する必要があります。バズを機に、自社のブランディングや集客につなげていきましょう。適切な取り組みを行うことで、バズはビジネスチャンスに変えられるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題 ランキング等

コメント