【2023最新】今バズってる曲トップ10ランキング!ユーチューブ以外の最新音楽トレンド

スポンサーリンク
スポンサーリンク
music 話題 ランキング等
スポンサーリンク

TikTokはただのSNSではありません。TikTokは、新しい音楽文化の発信地として、多くの新曲や昔の名曲を生み出し続けています。本ブログでは、TikTokから生まれた最新曲ランキングやバズった理由、さらにTikTokで人気の昔の名曲などを紹介します。TikTokの音楽シーンを深く理解したい方は、ぜひ読み進めてください。

スポンサーリンク

1. TikTokから生まれた最新曲ランキングTOP10

music

TikTokは、AI学習による動画のレコメンド機能が特に優れており、バズが起きると瞬く間に動画が拡散されるため、多くの楽曲がTikTokで大きな人気を集めています。ここでは、TikTokから生まれた最新の人気曲ランキングTOP10をご紹介します。

1. YOASOBI – アイドル

  • TVアニメ「【推しの子】」のオープニング主題歌として起用され、オリコン史上最短の記録を打ち出しました。ビルボードのグローバル・チャートでも1位を獲得しました。

2. 新しい学校のリーダーズ – オトナブルー

  • TikTok国内女性アーティスト最大のフォロワー数を誇り、TikTok上半期トレンド大賞を受賞しました。

3. Ado – 唱

  • 令和の歌姫・Adoが歌う「唱」は、エキゾチックなビートが特徴で、Ado本人が最も難曲と語るほどの曲です。

4. 米米CLUB – 浪漫飛行

  • T8月リリースの「浪漫飛行」は、TikTokで大きなバズを起こし、Spotifyの1990年代にリリースされた楽曲で最も再生された曲に選出されました。

5. 中山美穂 & WANDS – 世界中の誰よりきっと

  • 中山美穂とWANDSのコラボ曲で、TikTokでは「#昭和に憧れる」キャンペーン・ソングとして活躍しています。

6. 工藤静香 – MUGO・ん・・・色っぽい

  • 昭和歌謡ブームを牽引する1曲で、工藤静香本人もTikTokで注目を集めています。

7. 山口百恵 – プレイバック part 2

  • 50万枚以上のセールスを記録した大ヒットシングルで、TikTok世代にも大きなインパクトを残しました。

8. 宇多田ヒカル – First Love

  • 宇多田ヒカルの「First Love」は、Netflixオリジナルドラマのテーマ曲としても注目を集め、TikTokでも大きなバズが生まれました。

9. [曲名]

  • [アーティスト名]が歌う[曲名]は、TikTokで一躍人気が高まり、多くのユーザーに愛されています。

10. [曲名]

- [アーティスト名]の[曲名]は、キャッチーなメロディーとユニークな振付が話題となり、TikTokで広まった曲です。

これらの楽曲はTikTokの特徴に合わせて制作され、短い動画や振り付き動画と組み合わさって多くのユーザーに共感を呼びました。TikTokの影響力は今後もますます拡大していくことでしょう。

2. TikTokでバズった理由や仕組み

social media

TikTokの人気が爆発的に広まった理由やその仕組みについて紹介します。

TikTokの特徴

  1. 短い動画形式: TikTokは数十秒から1分程度の短い動画を投稿することができるSNSです。この短い動画形式はユーザーにとって手軽で、短時間で楽しめるため、若い世代を中心に広まりました。

  2. 簡単な投稿方法: TikTokでは特別なスキルを必要とせずに誰でも簡単に動画を投稿できます。これにより、多くの人々が自分の創造力やアイデアを表現することができ、新鮮なコンテンツが生まれる環境が形成されました。

  3. 独自な体裁と挑戦: TikTokは他のSNSとは異なる独自の体裁を持っています。ユーザーは自分が面白いと思う挑戦やユニークなアイデアを動画にして共有することができます。これにより、個性的なコンテンツが多く生まれるため、視聴者にとって新鮮さや独自性が魅力となっています。

  4. 情報収集が効率的: TikTokは短い動画を通じて多くの情報を得ることができます。これにより、ユーザーは短時間で多様な情報を収集することができ、情報収集ツールとしても利用されています。

TikTokでの音楽の活用

  1. 耳に残る音楽の使用: TikTokでは動画作成に耳に残る音楽がよく使用されます。特に「振り付け動画」と呼ばれる動画形式では、踊りやすい楽曲や短時間の視聴で印象に残りやすい楽曲が選ばれます。

  2. 幅広い楽曲の利用: TikTokでは昔から最新の楽曲まで幅広く使用されています。キャッチーで振り付けや動画の雰囲気に合う楽曲がバズりやすくなっています。また、同じ言葉を連呼する楽曲やポップでリズミカルな楽曲との相性も良いです。

TikTokの拡散機能

  1. AI学習による動画のレコメンド機能: TikTokはAI学習による動画のレコメンド機能が高度です。視聴した人々が同じ楽曲を使って動画を投稿し、それが拡散されるというサイクルが生まれます。

  2. 拡散効果による人気の広がり: TikTokでバズると動画が瞬く間に拡散されます。この拡散効果により、TikTok発のアーティストや楽曲が注目を浴びることも多いです。

以上がTikTokでバズる理由や仕組みの一部です。TikTokの特徴や音楽の活用方法、拡散機能によって、現代の音楽業界において大きな影響力を持つ存在となっています。

3. TikTokで人気の昔の名曲TOP5

music

TikTokでは、最新の曲だけでなく、昔の名曲も多く注目されています。ここでは、TikTok上で人気の昔の名曲TOP5を紹介します。これらの曲は、懐かしさやオリジナリティが評価され、多くの人に愛されています。

1. 浪漫飛行 – 米米CLUB

「浪漫飛行」は1990年にリリースされた米米CLUBの代表曲です。この曲は特にサビのメロディーが印象的で、多くのユーザーが「#歌ってみた」「#演奏してみた」などのタグをつけて投稿しています。さらに、この曲のTikTokでの人気により、Spotifyの「1990年代にリリースされた楽曲で最も再生された曲」としても選ばれました。

2. 世界中の誰よりきっと – 中山美穂 & WANDS

「世界中の誰よりきっと」は1992年に中山美穂とWANDSがコラボしてリリースした曲です。キャッチーなメロディーが特徴で、多くのアーティストによってカバーされてきました。この曲はTikTokで「#昭和に憧れる」というキャンペーンソングとして使われ、再び注目を浴びました。

3. MUGO・ん・・・色っぽい – 工藤静香

「MUGO・ん・・・色っぽい」は1989年にリリースされた工藤静香の大ヒット曲です。この曲はTikTokで「#歌ってみた」関連動画の再生回数が2,600万回を超え、若い世代からも支持を受けています。工藤静香本人もTikTokアカウントを開設し、親子世代からも注目を浴びています。

4. プレイバック part 2 – 山口百恵

「プレイバック part 2」は1978年にリリースされた山口百恵の大ヒット曲です。特にサビのフレーズが印象的で、TikTok世代にも大きな影響を与えました。多くのユーザーがこの曲に合わせて動画を投稿し、再生回数は10億回を超えました。

5. First Love – 宇多田ヒカル

「First Love」は宇多田ヒカルの代表曲であり、彼女の1stアルバムのタイトル曲でもあります。TikTokでも大きな話題となり、10代や20代のユーザーによって多くの動画が投稿されました。また、この曲を基にしたNetflixオリジナルドラマも配信され、一層注目を浴びました。

これらの昔の名曲がTikTok上で再び注目されていることは、音楽の魅力と懐かしさが新しい世代に受け継がれている証拠です。ぜひTikTokでこれらの曲を聴いて、懐かしい思い出を振り返ってみてください。

4. TikTokクリエーターによる楽曲レビュー

music

TikTokは様々な楽曲の人気を生み出してきました。多くのクリエーターたちは、自身の動画に特定の楽曲を使用することで、視聴者に強烈な印象を与えることができます。ここでは、TikTokクリエーターたちが評価する人気の楽曲を紹介します。

1. YOASOBI – アイドル

TikTokクリエーターたちの間で大人気の楽曲「アイドル」は、アニメ『推しの子』のオープニング主題歌として大ヒットしました。この曲は、エレクトロサウンド、ラップ、アイドルソングの要素が組み合わさっており、クリエーターたちはその魅力に惹かれて自身の動画に取り入れています。この曲はビルボードのグローバル・チャートでも1位を獲得し、その成功は目を見張るものです。

2. 新しい学校のリーダーズ – オトナブルー

新しい学校のリーダーズの楽曲「オトナブルー」は、TikTok国内で最もフォロワー数の多い女性アーティストが手掛けた作品です。この曲は、昭和歌謡のようなこぶしの効いた曲調や歌い回しが特徴で、昭和世代には懐かしさを、平成・令和世代には新鮮さを与えます。振り付けダンスも大きな話題となり、TikTok上半期トレンド大賞を受賞するなど、その人気は絶えません。

3. Ado – 唱

「唱」は、令和の歌姫・Adoによる楽曲です。エキゾチックなビートと難曲であることから、多くのTikTokクリエーターが挑戦しています。この曲の難しさにもかかわらず、Adoの独特な歌唱力と曲の持つ魅力が大きな反響を呼び、多くの再生回数を獲得しています。

これらの楽曲は、TikTokクリエーターたちによってさまざまな形で利用され、新たなトレンドを生み出しています。彼らが選ぶ楽曲には個々の特徴や魅力があります。常に新しい楽曲が注目される中、これらの曲がTikTokでどのようにバズるのか、今後の展開が楽しみです。

5. TikTokミュージックビデオの人気撮影スポット

landmarks

TikTokは、その特異な動画コンテンツによって世界的な人気を獲得しています。多くのアーティストやクリエイターがTikTokを活用し、自身の楽曲やクリエイティブなコンテンツを発信しています。その中でも特に注目されているのが「TikTokミュージックビデオ」と呼ばれる動画コンテンツです。

TikTokミュージックビデオは、アーティストの楽曲をバックに、TikTok独特の映像効果や編集技術を駆使して作られる短い映像です。これらのミュージックビデオは、視覚的な魅力と音楽のマッチングによって、視聴者に強いインパクトを与えます。

さまざまなアーティストがTikTokミュージックビデオを制作しており、その中には特に人気が高いものもあります。以下に、人気のTikTokミュージックビデオが撮影された場所をいくつかご紹介します。

1. 東京タワー – 多くのアーティストが東京タワーをバックにTikTokミュージックビデオを制作しています。東京タワーの象徴的な姿が映像に映えるため、幅広いジャンルの楽曲で使用されています。

2. 渋谷スクランブル交差点 – 渋谷スクランブル交差点は、日本を代表する観光名所の一つです。その独特の雰囲気と華やかさがTikTokミュージックビデオにぴったりで、特にポップやダンス系の楽曲でよく使用されます。

3. 表参道 – 表参道は、ファッションやカルチャーの最先端を感じさせるエリアとして知られています。その洗練された雰囲気がTikTokミュージックビデオにマッチし、特にアーティストのイメージに合う楽曲で使われることが多いです。

4. 雑司ケ谷鬼子母神 – 雑司ケ谷鬼子母神は、芸能界や映画撮影でも使用されることが多いスポットです。その神秘的な雰囲気と美しい景観がTikTokミュージックビデオにふさわしく、特にバラードや感動的な楽曲によく使用されます。

5. 高層ビルの屋上 – 高層ビルの屋上は、都会の夜景や幻想的な風景が撮影できるロケーションとして人気があります。特にEDMやエレクトロニックな楽曲に合わせて、華やかな映像を演出するために使用されることが多いです。

TikTokミュージックビデオは、アーティストのイメージや楽曲の世界観を視覚的に表現するために重要な要素となっています。これらの人気の撮影スポットを活用することで、一層魅力的な映像を作り出すことができます。

以上が、TikTokミュージックビデオの人気撮影スポットの一部です。アーティストやクリエイターたちは、これらのロケーションを活用しながら、さまざまな楽曲やコンテンツをTikTok上で展開しています。TikTokミュージックビデオの魅力は、音楽と映像が一体となって、視聴者に強い感動や興奮を与えることです。今後もさらなる新たな映像表現が生まれることに期待が高まります。

まとめ

TikTokは音楽産業に大きな変革をもたらしています。最新曲からクラシックまで、多様な楽曲がTikTokで人気を集め、アーティストの知名度を一気に高めることができるようになりました。また、TikTokならではの短編動画形式や、簡単な動画投稿方法、そして凄まじい拡散力によって、音楽の新しい楽しみ方が生まれています。本記事では、TikTokが音楽にもたらした影響について様々な角度から紹介しました。今後も、TikTokが音楽業界を席巻し続けることが予想されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題 ランキング等音楽 ランキング等

コメント