Vチューバー始めたい人必見!本当の”なり方”大公開

スポンサーリンク
スポンサーリンク
青空 話題 ランキング等
スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに

近年、バーチャルユーチューバー(Vチューバー)と呼ばれる新しい形態のクリエイターたちが注目を集めています。Vチューバーとは、CGで作られた3Dキャラクターや2Dイラストがアバターとなり、実際の人物の代わりに動画配信やライブ配信を行うクリエイターのことです。今回は、Vチューバーになるための具体的な手順やポイントについて詳しく解説していきます。

Vチューバーになる方法

青空

Vチューバーになる方法は主に2つあります。1つは個人で活動する「個人勢Vチューバー」、もう1つは事務所に所属する「企業勢Vチューバー」です。

個人勢Vチューバー

個人勢Vチューバーは、自身でアバター制作から動画編集、配信まで全てを行います。自由度が高く、すべての収益を独り占めできるというメリットがあります。一方で、機材の準備や企画立案、編集、宣伝活動など、すべてを自分で行わなければならない点がデメリットです。

個人勢Vチューバーになるための手順は以下の通りです。

  1. アバターの制作
    • 2Dアバターの場合は、イラストレーターにデザインと動作用の差分を作成してもらいます。
    • 3Dアバターの場合は、3Dモデリングソフトで自作するか、専門のクリエイターに制作を依頼します。
  2. 配信環境の準備
    • 高性能なPCやWebカメラ、マイク、配信ソフトなどの機材を用意します。
    • 安定したインターネット回線を確保します。
  3. 企画立案と編集スキルの習得
    • 魅力的な企画を考え、視聴者を楽しませる配信を心がけます。
    • 動画編集の技術を身につけ、質の高い動画を作成できるようにします。
  4. 宣伝活動と視聴者の確保
    • YouTubeやSNSでアカウントを開設し、積極的に宣伝活動を行います。
    • コラボ配信などを通じて視聴者の獲得を目指します。

企業勢Vチューバー

企業勢Vチューバーは、事務所に所属してVチューバー活動を行います。事務所によってサポート体制は異なりますが、一般的にはアバター制作からマネジメント、企業案件の紹介、収益管理などの面でサポートを受けられます。一方で、事務所の方針に沿った活動が求められ、自由度は個人勢に比べると低くなります。

企業勢Vチューバーになるには、以下の手順を踏む必要があります。

  1. 事務所のオーディションに合格する
  2. 事務所からアバターを提供されるか、自身で用意する
  3. 事務所からの方針に沿って配信活動を行う
  4. 収益は事務所と折半するのが一般的

アバター制作

avatar

Vチューバーにとって、アバターの制作は最も重要な工程の1つです。アバターには2Dと3Dの2種類があり、自作するか専門のクリエイターに制作を依頼するかを選びます。

2Dアバター

2Dアバターは、イラストレーターにデザインと動作用の差分を作成してもらいます。Live2Dなどのソフトウェアを使って、パーツごとに分割されたイラストをモーションキャプチャーすることで動きを付けます。2Dアバターのメリットは、制作コストが比較的安価であることです。

2Dアバターの制作手順は以下の通りです。

  1. キャラクターデザインとパーツ分けをイラストレーターに依頼する
  2. Live2Dなどのソフトウェアでモーションキャプチャーを行う
  3. 動作確認をしながら微調整を重ねる

3Dアバター

3Dアバターは、専用のソフトウェアを使って3Dモデリングを行います。動作は、モーションキャプチャーによって再現されます。3Dアバターのメリットは、動きがスムーズで自然であり、多様な表情や動作を表現できる点にあります。一方でコストがかかるのがデメリットです。

3Dアバターの制作手順は以下の通りです。

  1. キャラクターデザインを3Dモデラーに依頼する
  2. モーションキャプチャーソフトでキャリブレーションを行う
  3. 動作確認をしながら微調整を重ねる

配信環境の準備

青空

Vチューバーとして活動するためには、適切な配信環境を整える必要があります。主な機材としては、高性能なPC、Webカメラ、マイク、配信ソフトなどが挙げられます。

PC

Vチューバーの活動には高い処理性能が求められるため、高性能なPCが不可欠です。CPUやGPU、メモリなどのスペックが高いほど、アバターの動作がスムーズになります。最低でも以下のスペックが求められます。

  • CPU: Intel Core i5以上
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 1060以上
  • メモリ: 16GB以上

Webカメラ

Webカメラは、アバターの動作をキャプチャーするために重要な機材です。フレームレートが高いほど滑らかな動きを実現できるため、30fpsを超える高性能なWebカメラを選ぶことをおすすめします。

マイク

マイクは、声の収録に使用します。高音質なマイクほど、クリアな音声を配信できます。コンデンサーマイクやUSBマイクなどが一般的に使われています。

配信ソフト

Vチューバーの配信には、専用の配信ソフトウェアが必要不可欠です。代表的なソフトには、OBS StudioやXSplitなどがあります。これらのソフトを使って、アバターの映像とゲーム画面、音声などをミックスして配信します。

企画立案と編集スキル

青空

Vチューバーとして成功するためには、視聴者を飽きさせない魅力的な企画を立案する力と、動画編集の技術が求められます。

企画立案

人気のVチューバーは、独自の企画力が光る面白い配信をしています。ゲーム実況やボイスドラマ、歌や踊りの披露、トークバラエティなど、視聴者を楽しませるジャンルは様々です。自分のキャラクターにあった企画を考え、定期的に新しいコンテンツを投入することが大切です。

企画を立案する際のポイントは以下の通りです。

  • 視聴者のニーズを把握する
  • オリジナリティのある企画を考える
  • 長期的な視点で企画を組み立てる

動画編集スキル

Vチューバーにとって動画編集の技術は必須です。適切な編集によって、面白い動画に仕上がります。動画編集ソフトの使い方やカットの入れ方、効果音の使い方など、様々なスキルを身につける必要があります。

動画編集のポイントは以下の通りです。

  • 編集ソフトの基本操作を習得する
  • ペースの良い編集で見やすい動画を作る
  • 効果音やBGMを効果的に使う

宣伝活動と視聴者の確保

social media

個人勢のVチューバーにとって、宣伝活動と視聴者の確保は欠かせない要素です。視聴者がいなければ、収益を得ることができません。

SNSの活用

TwitterやInstagramなどのSNSを効果的に活用し、自身のVチューバー活動を宣伝することが重要です。フォロワーを増やし、コンスタントに情報を発信することで、視聴者の獲得につながります。

SNSの活用のポイントは以下の通りです。

  • 定期的に更新を行う
  • 視聴者を惹きつける魅力的な投稿を心がける
  • フォロワーとのコミュニケーションを大切にする

コラボ配信

他のVチューバーとコラボレーション配信を行うことで、お互いの視聴者を共有できます。コラボ相手の選定や企画立案には気を付ける必要がありますが、視聴者の獲得に大きな効果があります。

まとめ

Vチューバーになるためには、アバター制作や配信環境の準備、企画立案、編集スキル、宣伝活動など、様々な要素を押さえる必要があります。Vチューバーとしての実力を高め、個性的な活動を心がけることが、視聴者の獲得と収益の確保につながります。始めは大変かもしれませんが、地道に活動を続けていけば、夢のVチューバーとしてデビューできるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題 ランキング等

コメント